浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

1月法話「新しい年」

新しい年

真栄寺副住職 馬場弘道

明けましておめでとうございます。気づけば「平成」最後の新年、皆さまいかがでしょうお過ごしでしょうか。

毎年お正月を迎えると、思い浮かぶお言葉があります。

勧修寺の道徳、明応二年正月一日に御前へ参りたるに、
蓮如上人仰せられ候、「道徳はいくつになるぞ。」

                  (蓮如上人御一代記聞書)

 明応二年(一四九三)の元日、蓮如上人が門弟の道徳さんに向かって語られたと伝えられています。弟子の道徳さんが、新年のご挨拶に蓮如上人を訪ねると、蓮如上人はいきなり、「道徳は何歳になったのだ、お念仏を申しなさい」と、お正月早々に厳しい言葉でおっしゃいました。

 新年を迎えると、私たちは当たり前のように「おめでとう、おめでとう」とお祝いの言葉を述べます。昔は誕生日ではなく新たな年を迎えて一つ年を取る習慣でした。一つ年を重ねる中に、蓮如上人は、「何が本当にめでたく、歳を重ねるということはどういうことか」を問われているのです。つまり、新年を迎へ歳を重ねるということは、いよいよ「生の意味、死の意味」をしっかり考えなければならない時期であることをさとされているのです。また、「いくつになるぞ」とのお言葉は、新年を迎え、今年もこのままの状態で続きたいと願っている私たちに、「いつまでも同じではない。だからこそ今を大切にしなければならないぞ」という問いかけでもあります。

 阿弥陀さまは今の私を、そのまま抱きとめて、決して捨てることはなく必ずお浄土へ導くと、おっしゃいました。そしてそのはたらきを、私たちのためにわかりやすく「南無阿弥陀仏」というお念仏にしてくださいました。

 新年にはご家族がそろわれることと思います。新年の挨拶に「お念仏申そうね」と、ひとことそえていただけると有り難く思います。おめでたい時、嬉しい時も、阿弥陀さまはご一緒です。新たな年の始まりをお念仏とともに迎えることは何よりも大きな喜びであります。本年もお念仏申す日暮らしを送らせていただきまましょう。           

       合掌

12月法話「揺さぶられる私です。」

揺さぶられる私です。   

本覚寺住職 小林則子

 

昨年の冬の事でした。大学受験を控えたお子さんの母親が血相変えてお墓参りに来ました。私は日頃の挨拶をしました。彼女は泡を吹く勢いでこの様な事を言いました。「息子が受験なんです。親はこれしか出来ないからこれだけに来ました。」と両手を顔の前ですり合わせる姿を見せました。私は「はー」というだけでした。すぐには意味が解らなかったのです。気になって彼女の後姿を見て居ました。手早く墓前を整えてしゃがみこんで手を合わせ、背中を丸めて祈る?おがむ?…とにかく一心不乱とはこのようなすがたを言うのかなとしばらく見つめていました。何を祈ったのか頼んだのか私には分かりません。折に触れては「加持祈祷や断食・茶絶ち等々しないのが浄土真宗ですよ」と伝えています。私の力不足を強く知らされた思いでした。

 

 私が10代の頃、お説教にいらしたお坊さんが次のようなお話をされました。「高校野球に出てくる生徒は色々な宗門校からも出てきています。それらの神さま、仏さまがみーんな願いを聞いて約束を守ってくれたらどうなるか・・・そうです。甲子園球場は大混乱で決着もつきませんね。」その日の本堂は、皆「あ!」という表情、そしてお念仏の大合唱となりました。それから半世紀も時が経ち、忘れていた事でしたが、ふと、その事が鮮明に思い出されました。

 

何かにすがりたい母親のすがたは時として私のすがたでした。一心不乱の故その時はそれしか見えないのです。もしわが子が大病に侵されていたら浄土真宗の教えを聞いているからと落ち着いていられたでしょうか。何時の時代も色々な祈祷や占いに心を揺さぶられる私たちですが、阿弥陀さまはそんな私たちをとうにお見通しです。

 

 仏さまに合格祈願や病気平癒をお願いしてしまうのは仏教の説く因果の道理からはずれています。

 

それでも目先の不安や不都合で心揺さぶられる私たちを阿弥陀さま側から大きな智慧とお慈悲のお心で願われているのです。

11月法話「人間は偉いものではない、尊いものなのです。」

人間は偉いものではない、尊いものなのです。

宗真寺前住職 石川慶子

 

 宗真寺の門前に一本のいちょうの大木があります。秋が深まるにつれ色づいて、ちょうど11月末の報恩講のころに、まるで光を放っているような黄金色に染まります。それより前から銀杏の実がしきりに落ち出し、風が吹けば地面は敷きつめたかのように銀杏だらけ、うっかり歩くこともできません。小粒の実は拾い手もなく、私たちには困りもの。毎朝ひたすら掃いて、木の根もとに積み寄せておきます。

 季節が移ると、何とその夥(おびただ)しい量の実が一斉に芽をふき、気がつけば一人前の葉をつけた10センチばかりのいちょうの木になっている。何百何千本のチビいちょうの森ができるのです。その一本一本のうちに、親木と同じ大木になっていく“生命(いのち)の力”が備わっているのでしょう。

 けれども実際には、寺の門前がいちょうの大森林に占領されるという心配はありません。ここの10センチのチビいちょうには大木に育っていく“縁”がないからです。

 

 生物学者、福岡伸一さんがこんなことを書いていました。『私たちの生命は、どんな風土のもとに誕生するか全く分からないし、誕生後どんな外敵にさらされるか分からない、病原菌やウイルス、化学物質……みな想定外の事態。それに対し“私たちの生命の側”はDNAの組み換えや積極的な変化によって、百万通り以上の抗体を準備して受けて立つ。この中のどれかが、いざという時に役立つようにと。大半の抗体は、出番のないまま終わるのだ。つまり“生命”は大過剰と思える程の準備をして誕生する。だからこそ様々な風土に適応し生き抜いていく』

 

 科学にはとんと疎(うと)い私には、門前のいちょうと福岡博士の話が、“大過剰”の一点で結びついてしまいました。ひとつの生命体の背後に、大過剰ともいえる程の生命の働きが広がっていた、という驚きと感動。

 私たちはいわば、たまたま得がたい縁を得て大きくなれたいちょうの木です。数限りない生命の形態がある中に、「人」として生まれ育ってきました。そしてこの私の生命が誕生するには、周到な、生き抜く為の準備が既になされていたのです。(ここで触れた抗体の話は、その準備のほんの一例に過ぎません)

 この“縁”の貴重さと、生命の不思議さをすっかり忘れて、私たちは、親に産んでもらい自分で生きてきた、と思ってしまうのではないでしょうか。

 

 私の外にも内にも満ちている大いなる力―――「はかり知れない無量のいのち(・・・)のはたらき」としか言いようがありません。

 「人は偉いものではありません。でも尊いものです」という安田理深師のことばにうなづくばかりです。

10月法話「「迎える我が家」  ・・・本願に惹かれて・・・」

「迎える我が家」  ・・・本願に惹かれて・・・

             稱名寺 長井正道

 

先日、20代に独身寮で一緒に暮らした同僚2名が、寺を訪ねてきてくれました。

定年を過ぎて60代後半となり、昔を懐かしむ歳になったのでしょうか。年賀状のやり取りはあったものの、お互い違う世界(業界?)を生き、もう会うことは難しいと思っていました。

37年ぶりの再会に、お互い、生きてきた軌跡を語り合いながら、なんのプラスにもならないであろう私の存在を、よくぞ忘れずにいてくれたものと、胸が熱くなりました。

 

つい先日までは、人生を何一つ楽しむことなく、子育てだけに人生を費やす親が普通でした。自宅で、年老いた親が一生を終わるとき、子供たちが枕元に集まって別れを惜しみます。その子供たちの姿に、親は、自分の一生が無駄ではなかったと実感したに違いありません。

終わっていく人の一生が、実りあるものとなるか、空しく終わるかの分岐点が、私を迎え入れている世界=帰る家の有無にあります。

 

昔話に「浦島太郎」があります。

浦島太郎は、いじめられていたカメさんを助けた結果、竜宮城に案内されます。竜宮城は、タイやヒラメの舞い踊り。バブルの真っ盛り、人間の幸せ実感タイムでした。

やがて帰路につきます。海岸でお土産の玉手箱を開けた浦島太郎は、立ち上る煙と共に

あっという間にお爺さんになりました。(ここからが仏教です)

その後、我が家を目指します。ところが、どこにも目指す我が家がありません。街並みが変わって、家族も知り合いも見当たりません。身の寄せ所を失ってしまいました。

 

身の寄せ所を失う場面をさらに拡大したのが、「姥捨て山」伝説です。村のお年寄りが山奥に置き去りにされる話ですが、実は、山奥に連れていかれる必要はないのです。町のど真ん中で、家族に囲まれて、山奥に一人取り残されるほどの孤立感を味わう話として読めると思います。

 

私もこの孤立を実感する年になってきました。昭和26年生まれで現在67歳。田舎の小寺の次男坊です。戦後の日本がまだ貧しかった頃です。着ているものは、兄のおさがり。ズボンは、誰もがおしりと膝小僧に継ぎ接ぎがされていました。特別な遊び道具もありませんので、かくれんぼ・鬼ごっこ・縄跳び・ビー玉・メンコ等が日常の遊びでした。やがて野球が流行り始めます。とは言え道具はありません。

毎日通う、子供相手の駄菓子屋さんに布製のボールが売っていました。小さな布の切れ端を何枚も縫い合わせたボールで、素手で使えます。近所の竹藪から切ってきた竹のバットを振り回しての野球ごっこでした。

そうこうしているうちに、戦後最初の高度経済成長期に入ります。池田勇人首相の「所得倍増計画」政策により、稼ぎの良い家とそれ程でもない家ができます。余裕のできた家の子は、グローブやバットを持ち始めます。私も欲しいのですが、親にはなかなか言い出せません。

父は7人兄弟、母は5人兄弟、私からすると10人の叔父叔母に囲まれて育ちました。

この叔父叔母が、毎年夏休みになると、その子供(私からすると従兄)を連れて里帰りに来ます。歩いて5分で海という立地で、海水浴に来るのです。前もって手紙を書いて送っておくと、里帰りのお土産にそれが頂けるのです。グローブ・バット・キャチャーミット・野球盤、すべて手に入れることができました。

 

私の両親が10年ほど前に亡くなりました。それに前後して、この可愛がってもらった叔父叔母も次々と亡くなりました。それぞれの家庭が世代交代し、子供の頃からの経緯は誰も知りません。子供の頃からの共通体験があり、会話が心に響き肯いてもらえる場が消えてしまったのです。

山の中に一人取り残された孤立感、そのままです。ジワッと辛いことです。この感じがよく実感できる年になりました。気兼ねなくいけた親戚が、帰るところではなくなってしまうのです。親しい人が亡くなるとは、私の帰る世界を失う事でした。

『往生要集』に出てくる「天人五衰」そのままが、「浦島太郎」や「姥捨て山」の昔話でした。

 

此処に立って、私の帰る世界・身の寄せ所が切実な問題となります。

帰る世界は、事実として、じつは私の側には何の主導権もないのです。すべて、迎え入れる側の好意であると思い知らされました。

ここから、弥陀の本願浄土が響いてきます。本願は取り込みの世界です。覚った側の思い・親から子への思いがすべてです。

 

お釈迦様の言葉に「アジャセ王のために、涅槃に入らず」があります。

父・ビンビシャラ王を殺害し、母・韋提希夫人を幽閉、クーデターによって権力を握ったアジャセ王。その後体調を崩し、心も体もボロボロになっていきます。国中の医者や占い師に見てもらうも回復しない中、部下であるギバ大臣はお釈迦様に会うことを勧めます。しかし、殺害した父、幽閉した母はお釈迦様の大の信者であり外護者です。お釈迦様に詰問・叱責されることは目に見えています。

この状況下、苦しさに耐え切れなくなったアジャセ王は、お釈迦様を訪ねます。

アジャセ王を迎え入れたお釈迦様の発した言葉が「アジャセ王の為に涅槃に入らず」でした。あなたのことが心配で、顔を見るまでは、自分にとって一番心地の良い、悟りの世界に戻る訳にはいかなかった。よく訪ねてきてくれた。

この一言でアジャセの立ち位置(迎え取られている世界)が決まり、心は翻り解き放たれていきます。後にアジャセは、「この救いの喜びを伝える為なら、地獄に落ちても後悔はない」と言い切ります。

「アジャセ王の為に、涅槃に入らず」は、本願の取り込みの世界を一言でいい切った大好きな言葉です。

 

同じ世界を表現した童謡に「かあさんの歌」があります

かあさんが夜なべをして     手袋編んでくれた  

木枯らし吹いちゃ冷たかろうと  せっせと編んだだよ         

故郷の便りが届く        囲炉裏の匂いがした

お母さんが、寒さをこらえ乍ら働く子供の姿を想像し、手袋を編み、送り届けたのです。

囲炉裏の傍で編んだ手袋と書かれた手紙の匂いにふれ、囲炉裏端に繰り広げられた子供の頃の一家団欒の光景を思い出したのです。帰ることのできる世界に触れた一瞬でした。

 

お念仏を通して告げられているアミダの思い。取り込みの思い。ここが基になって、帰る世界が成り立つのです。

初老の現実が重なる中、本願の響きに惹かれながらの日々が続きます。

9月法話

9月法話

延覚寺 野口隆顕

は、築地本願寺に行くとき電車を利用するのですが、ある時電車の発車ぎりぎりに飛ぴ乗ることがありました。その時は「まにあった」と安心したのですが、電車が動き出してから車内アナウンスで「乗客のみなさまにお願いいたします。駆け込み乗車は大変危険ですのでおやめください」とアナウンスされました。

 

その時私は「ああ自分のことを言われた」と恥ずかしくなりました。電車を利用した事のある人は一度くらいこのアナウンスを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

この時、乗客のみなさまと言われていても自分のことと分かっているので、これはあなたのことですよとアナウンスを聞いているのですが、電車に乗っている時に同じ放送を聞いたら「誰か駆け込み乗車したんだな」と思うだけで自分には関係ないと聞き流してしまいます。

 

『歎異抄』に親鸞聖人のおっしゃっていたこととして「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずればひとへに親鸞一人がためなりけり」

意訳すると「阿弥陀如来が五劫もの長い間、迷いの衆生を救わんがために思いをめぐらして建てられた本願をよくよく考えてみれば、それは親鸞一人を御救いくださるためであった」

 

後に続けて「思えぱこの私はそれほど重い罪背負っている身であるのに、救おうと思い立ってくださった阿弥陀如来の本願のなんともったいないことであろうか」とおっしゃっています。

阿弥陀如来の本願を我がこととして受け止められたのが親鸞聖人です。そして教えを説かれる時も他人事ではなく我が事として信心を語られていたのではないでしょうか。

 

浄土真宗では「聞法」ということを大切にしています。しかしこの時にどれだけの人が「自分自身の問題として御教えを聞いているか」と聞かれるとなかなか答えづらいのではないでしょうか。法話を聴聞していても「ああこれはあの人のことだな」などと考えて、自分のこととは思っていないのではないでしょうか、聞法とはそうではなく聞かせていただくほどに罪深い自身の姿に気づかされる。そんなわたしのためにこそ阿弥陀如来は願われているのだと味わってゆける聞法を心がけていきたいと思います。