浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

5月法話

雲妙寺 大善文彦

「天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位」という大きな節目を迎えました。

天皇陛下御退位 ご苦労様でした。

皇太子殿下天皇御即位 お祝い申し上げます。

国民そろってお祝いいたします。

さて 新元号が「令和」になりました。

何でもそうですが、新しい亊や物に変わった当初は、なかなか馴染みません。

しかし、次第に目に馴染み、手に馴染んで、いつしか違和感は薄れて来ます。

「令和」も耳に入り 口にし 読み書きをするうちに、自然と馴染んでくることでしょう。

私は「昭和」という時代に生まれました。

年齢を重ねるにつれて、姿や形 口にするものや思うことが、随分と変化してきました。

幼い頃は、苦い味の「ふきのとう」等は「ぺっ ぺっ」と吐き出していました。

それが「平成」に変わる頃には、コーヒーが飲めるようになり、「ふきのとう」が美味しく感じるようになり、ついには「アルコールの苦さ」までも「美味しい」と喉を通るようになりました。

そのように 私とは、時間とともに、コロコロと変わります。、

その私の側の条件・状況が、どれ程変化したとても、私を目当てとしたお方が変化せず、「おまえを救う まちがわさんぞ そのまま来いよ」と呼び続け、働き続けておられます。

一般仏教では、煩悩ぼんのうを断って覚りに向かう、という宗派しゅうはが多いです、が 浄土真宗じょうどしんしゅうにおいては、煩悩ぼんのうを断つこと無く、涅槃ねはん(お覚り)に至る。 それが大きなポイントです。

不断煩悩得涅槃ふだんぼんのうそくねはん」と、宗祖しゅうそ正信偈しょうしんげにお書きです。

その理由は、私の側のデレデレだらだらを、シャッキとさせるぞ、ということではなく、阿弥陀様あみださまの側が間違い無いからです。

阿弥陀仏あみだぶつとは、私の側に どのような煩悩ぼんのうという障壁があっても、それは妨げにはならない、問題にはならない、救いづらいことにはならないよ、と 別名の「尽十方無碍光如来じんじっぽうむげこうにょらい」と働かれています。

その阿弥陀仏あみだぶつ 既に私に入り満ちて、「南無阿弥陀仏なもあみだぶつ」と声の相で現れます。

4月法話「本願のかたじけなさよ」

『本願のかたじけなさよ』

弘教寺 小林 覚城

 浄土真宗の仏様は私が南無(帰依、信順)することまで仏の側で仕上げ、既に「南無阿弥陀仏」となって下さっています。私が仏を信じることまでも仏様のお仕事なのです。浄土真宗においては信じることは私の側の問題ではないのです。

「あなたはあなたのまま、そのままで良いのです」

…阿弥陀仏がそうおっしゃっておられます。

 この言葉を頂いて、私の心は安堵の思いで満たされます。

 御法話などで時々お聞きすることがありますが、この御文は私の調べた限りではいずれの経典に表されたものか分かりませんでした。

 ならば、経文そのものというよりは阿弥陀様の御心を私達にわかりやすく解説されたお言葉と頂くべきでありましょう。

「そのままで良い」とは文字通り「そのまま」です。

「なんだ、いろいろと悩んでいたけれど、私はこのままで良いんだ。悩まなくって良かったんだ」といった受けとめ方をされませんでしたか。

 それは、阿弥陀様の御心を「そのまま」頂いた姿ではありません。

「そのままで良い」とは文字通り「悩み苦しみを抱えたままのあなたで良い」ということです。

 ずいぶんとがっかりされたかも知れません。しかし、阿弥陀様の御心を伺えば「どうであっても、今のあなたのままで良い。そんなあなたをすくうよ」となるのです。

 私は私の思いで、物事を受け止めます。都合の良いように解釈するのです。

だから阿弥陀様は私の心は否定せず、汲んで下さいながらも、決して私の心を当てにはしません。「私は阿弥陀様を信じます」という私の心をも当てにされないのです。

 なぜ阿弥陀仏は私のすくいを約束されたのか。それは私が「それほどの業をもちける身」(歎異抄)だからです。「欲望も多く、 怒りや腹立ちやそねみやねたみの心ばかりが絶え間なく起こり、まさに命が終ろうとするそのときまで止まることなく、 消えることなく、 絶えることもない」(一念多念証文)存在だからです。そんな身の事実に気付かれ、おすくいを頂かれた親鸞聖人は「たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ(すくおうと御決意下さった御本願のなんともったいないことであろうか)」(歎異抄)とおっしゃいました。「煩悩具足の凡夫」(歎異抄)…私には煩悩しかないからです。

 阿弥陀仏は私の命、人生を全てお見抜きです。苦悩に沈む我、私は「楽しい生活」だけを求め、自身の苦悩に目を背け続けています。我のすくいになど興味を持っていません。苦悩の事実に気付こうともしない我という存在こそが、勿体なくも仏をして「この者を何とかしてやらねば…」とすくいのおはたらきへと駆り立てるのです。その大きなる御心を大慈悲心と申します。

 仏様の御慈悲は、我が煩悩、我が身の事実の中にこそ味わわせて頂きましょう。

 私の日々の苦悩を見抜かれたが故に、阿弥陀仏はおはたらき下さるのです。煩悩を捨てられず、煩悩故に苦しむ私です。煩悩の中にこそ存在して下さるのが御仏です。だから仏を頂く、仏に出遇えるのは正に私の苦悩の日暮らしにおいてなのです。

 「お願いだからすくわせておくれよ」とまで阿弥陀仏はおっしゃいます。私のすくいを間違いなく定めた上で…です。この私に、阿弥陀様は何とかしてすくいを告げたいと願われます。はたらかれます。お声の限りに私を呼び続けられます。

 「悩み苦しみを抱えたあなたこそが、心配でたまらない。そのままのあなたをすくう。必ずすくう。悩み苦しみの無い浄土の仏とせしめる」が阿弥陀様の大慈悲心です。

  どうにもならない私を、何としてでもすくう阿弥陀仏。

  唯々、仏様に御礼申しましょう。南無阿弥陀仏

3月法話「阿弥陀さまのあたたかさ」

「阿弥陀さまのあたたかさ」
 純心寺 曽我弘章

 愛しいものとの別れ、怨憎の人間関係、限りない欲望、貴賤貧富。孤独感、罪悪感。そして、老い、病、死・・・・・。
 「苦しみは、どうすれば消してなくすことができるのか」という問いに、「苦しみの原因を断ち切って、善い心を保ち、善い行いをし、自らの力で頑張りなさい」と教えられても、頑張れば頑張るほど自分の思い通りにいかない結果に打ちのめされ、反対に心が萎縮していくのが私たちです。

 私たちは、自己中心に物事を見ながら幸せを求めます。しかし、自分の思いどおりにならない現実に直面しては苦悩します。自分の力を頼りに生きていくということが、いかにむずかしいかを思わずにはいられません。

 『寒さにふるえた者ほど、太陽のあたたかさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど、いのちの尊さを知る』という詩人ウォルト・ホイットマン氏の言葉があります。
 罪の意識が強く悩み多い者ほど、「あなたのことは、私が一番わかっています。あなたはあなたのままでよいのです。大丈夫、私が助けます」と仰せられる阿弥陀さま(阿弥陀如来)の思い、あたたかなお心に気づくようです。

 ミッキー・マウスの産みの親で世界中の子どもに夢を与えたアメリカのアニメーション映画制作者ウォールト・ディズニー氏が、『ディズニーランド』を作り上げたときに、「この世の人の心に想像力がある限り、このディズニーランドは永遠に完成することはなく成長し続ける」と語りました。あれほど手のゆき届いたテーマパーク『ディズニーランド』は永遠に未完成のままだというのです。
 この話は、「私たちは苦しみから逃れられないこと、未完成であること、それは負ではなく自然なことなのだ」と認識するたとえのような気がします。

 親鸞聖人は、「煩悩にまなこさへられて 摂取の光明みざれども 大悲ものうきことなくて つねにわが身をてらすなり(私たちは煩悩に眼がおおわれているため、救い取ってくださる阿弥陀さまのお働きの姿を見ることができませんが、阿弥陀さまは少しもおこたることなく、常に私を案じて照らしてくださっています)【高僧和讃】」と仰せられます。

 圓日成道師は、『仏さまの言葉は、「まぁゆっくりしておいで、そのままでいいんだよ」と聞こえてくる。するとその人は、元気が出てきて、「よーし」と、さらに歩みをはじめるのでしょうね』と申されます。

 未完成で生きる煩悩まみれの私ゆえに、「あなたのことは、私が一番わかっています。あなたはあなたのままでよいのです。大丈夫、私が助けます」というお心に、あたたかな光を感じます。

称名
                 

2月法話「童謡ぞうさん」

童謡「ぞうさん」

中原寺 平野俊斉

 我が家では大人が読む新聞とともに、子どもたちのために「小学生新聞」を購読しています。少しでも子どもたちに、世の中で起きていることに関心を持ってもらいたいという親心でありますが、実際には私たち夫婦のほうが熱心に読んでいることが多いです。「小学生新聞」といっても侮ることなかれ、ニュースに出てくる用語を分かりやすく解説してくれたり、子どもたちの間で流行しているものを紹介してくれたりするので、感心することも多々あります。

  先日の紙面において、童謡『ぞうさん』の歌詞について掲載されていました。冒頭の「ぞうさん、ぞうさん、お鼻が長いのね」と話しかけているのは「象以外の生き物」です。鼻が長くないものが、自分とは違って鼻の長い象の子に悪口を言っているのだそうです。それに対して象の子は、しょげたり怒ったりすることなく「そうよ、かあさんも長いのよ」と返します。自分の大好きなお母さんと同じ姿でいることに喜びを感じ、誇りをもっていることが窺えます。

  作詞した、まどみちおさんはこの歌について「ぞうがぞうとして生かされていることが、すばらしいと思っている。だからこの歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌」と述べられています。象の子の返事から、自分が自分として生まれてきたことを引き受けた姿が見て取れます。決して他のものと比べることなく、ありのままの自分をそのままに受け止めて生きる姿が、そこにはあります。  

私たちは常に他者との比較のなかに自らを置き、ときに優越感に浸り、ときに劣等感に悩まされて生きています。自らが多数派にいることに安心を感じ、他者との違いにばかりに目を向け、相手をさげすんだり、非難ばかりしているのが私たちの姿ではないでしょうか。その姿はありのままの自分を、まず自分自身が大切に思い、喜びを感じている象の子とは真逆の姿です。比較のなかに生きる人生は、他者からも、そして自らにも大切にされない人生になってしまいます。  阿弥陀さまは、私のいのちを決して比べることなく、評価することなく、さばくことなく、そのままに受け止め抱きとってくださる仏さまです。この私を見捨てることがない仏さまによって、私が私のままに認められたのです。あみださまの「決してあなたの人生を空しいものとはしない」との願いとおはたらきのなかに私のこのいのちは包まれているのです。

1月法話「新しい年」

新しい年

真栄寺副住職 馬場弘道

明けましておめでとうございます。気づけば「平成」最後の新年、皆さまいかがでしょうお過ごしでしょうか。

毎年お正月を迎えると、思い浮かぶお言葉があります。

勧修寺の道徳、明応二年正月一日に御前へ参りたるに、
蓮如上人仰せられ候、「道徳はいくつになるぞ。」

                  (蓮如上人御一代記聞書)

 明応二年(一四九三)の元日、蓮如上人が門弟の道徳さんに向かって語られたと伝えられています。弟子の道徳さんが、新年のご挨拶に蓮如上人を訪ねると、蓮如上人はいきなり、「道徳は何歳になったのだ、お念仏を申しなさい」と、お正月早々に厳しい言葉でおっしゃいました。

 新年を迎えると、私たちは当たり前のように「おめでとう、おめでとう」とお祝いの言葉を述べます。昔は誕生日ではなく新たな年を迎えて一つ年を取る習慣でした。一つ年を重ねる中に、蓮如上人は、「何が本当にめでたく、歳を重ねるということはどういうことか」を問われているのです。つまり、新年を迎へ歳を重ねるということは、いよいよ「生の意味、死の意味」をしっかり考えなければならない時期であることをさとされているのです。また、「いくつになるぞ」とのお言葉は、新年を迎え、今年もこのままの状態で続きたいと願っている私たちに、「いつまでも同じではない。だからこそ今を大切にしなければならないぞ」という問いかけでもあります。

 阿弥陀さまは今の私を、そのまま抱きとめて、決して捨てることはなく必ずお浄土へ導くと、おっしゃいました。そしてそのはたらきを、私たちのためにわかりやすく「南無阿弥陀仏」というお念仏にしてくださいました。

 新年にはご家族がそろわれることと思います。新年の挨拶に「お念仏申そうね」と、ひとことそえていただけると有り難く思います。おめでたい時、嬉しい時も、阿弥陀さまはご一緒です。新たな年の始まりをお念仏とともに迎えることは何よりも大きな喜びであります。本年もお念仏申す日暮らしを送らせていただきまましょう。           

       合掌