浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

7月法話

照光寺 脇本正範

余命宣告を受け闘病なさっておられたご門徒さんのご遺言があり、最後の一年間の様子をご法話にしてほしいという思いを引き継ぎましたので掲載します。

 全人的苦痛とは
 1.身体的苦痛
 2.心理的苦痛
 3.社会的苦痛
 4.スピリチュアルペイン
 1~4までの苦痛を緩和することを全人的苦痛といいます。
 お寺やお坊さんの役割は4番目のスピリチュアルペインに該当するそうです。スピリチュアルペインとは人生の意味・罪の意識・苦しみの意味・死の恐怖・価値観の変化・死生観に対する悩みに関するこころの痛みのことです。

今から3年前にそのご門徒さんに出会いました。火葬している時に余命宣告を受けて治らない状態だったことを知りました。終末期の緩和ケア病棟に通院するようになったのが1年前のことです。

 ご門徒さんは余命宣告を受けたときに死を受け入れることができずに不安や鬱状態に陥り激しい怖れと怒りのなか自死をしてしまいそうな状態まで追い詰められてしまったそうです。
 「このままだと死んでしまいそうだ」とお医者さまに助けを求め心療内科で心理的苦痛に関する痛みを緩和することになりました。
 同時に現役の銀行マンでしたから社会的な苦痛(仕事上の問題や家庭・経済的な問題)も生じていたとのことでした。
 抗がん剤の治療を続ける中でもご門徒さんが求めたものがもう一つあります。それが4番のスピリチュアルペインをどのように解決するかということでした。人生の意味や死生観、苦しみの意味を緩和するためにあらゆるお寺をインターネットで調べ上げて通うことができる浄土真宗のお寺を探し続けたそうです。

当時わたしはお寺のご法座で『浄土真宗の教えでは死が単純な終わりであるとは考えません。救済活動の主体(仏・如来)として新しいいのちの出発をする瞬間を往生といいます。また、浄土(真実・さとりそのもの)に生まれる(往相)と同時に残された者のところまで姿かたちを南無阿弥陀仏と転ぜられて還ってきます(還相)。
 それ故に亡き方々は「いつでもどこでもいっしょの仏様」と味わうことができるのです。また臨終を迎えるまでの間、日常生活で称える南無阿弥陀仏は仏になることが決まった証拠ですから「死後の心配」をする必要はありません。皆様お一人お一人が臨終を迎えたら往生即成仏。いつでもどこでもいっしょの仏様となって残された者の「いのち」に宿りその「いのち」に同化して私たちの人生をいつでもいっしょに歩み続けてくださいます』というご法話をしていました。
 死を目前にして「そうか。新しいいのちの出発をすることができるのだ」という思いを抱かれたご門徒さんのこころに真の安らぎが生み出されたに違いありません。
人生の意味や苦しみの意味が問われ自分で自分のことを救うことができそうにないときに「いのち」のよりどころとなるものを持つということは闘病する本人と見守るご家族の生活の質を向上させるためにも必要なことであると同時にお念仏のおいわれを聞き、南無阿弥陀仏と称えつつ過ごすということは「死が不安に満ちた闇黒の世界」ではなく「光に満ちた真実の安らぎの開けである」と転ぜられていくと味わうことができます。

限られた時間の中で南無阿弥陀仏と称えることのできるよろこびを噛み締めています。

みのり会公開講座

千葉組公開講座のご案内です。歎異抄について釈徹宗師をお迎えいたしましてお話を頂きます。一般の方にも公開されています。どうぞお越しください。

6月法話「心」

「 心 」

浄興寺住職 渡辺恒行

 先日、出先から帰宅途中に何となく思い付きで子ども達にドーナツを買って帰った。 帰宅した私が
「ドーナツ買って帰ったよ。食べんさい。」
というと、子ども達は喜んで飛んできて
「食べたい。食べたい。」
と騒いでいる。 私が
「はい、どうぞ」
とテーブルに広げたドーナツを見て、息子は突如
「食べない!」
と怒りだした。 私が
「なして?食べんの?」
と問うと、息子は怒り心頭で
「これはドーナツじゃない!」
という。 私が
「なして?これドーナツじゃろうが?」
というと、息子は
「これはドーナツじゃない。」
と目に涙を浮かべて訴えてくる。 私が訳が分からず
「なしてかいの?」
と問うてみると、息子は
「ドーナツは丸くて真ん中に穴があいているの!」
と・・・
「だから、これはドーナツじゃない。だから食べない!」
と・・・。
 今回、私が買って帰ったドーナツはネジネジ棒状のドーナツだった。
(その時にこの会話を聞きながら娘は2つ目のドーナツに手を伸ばしていた)
私が
「ええから、食べんさい。どうせ口に入れたら形はなくなるんじゃから。」
というと息子は
「嫌だ!絶対に食べなない。」
と言い張って涙を流している。実につまらん意地である。
  また、「これ」は「こういうもの」という固定概念だ。 ただ、それを息子本人も分かっている。 自分がつまらない意地を張ってしまった為に収拾が付かず、目に前にあるドーナツを自分で食べれなくしてしまっている。 しかし、引けないのである。
 我々の「心」は我々にもどうすることも出来ない。親鸞さまが何度も自ら書写し、関東の門弟に送られた『後世物語聞書』には、当時の念 仏者の悲痛な問いが記されている。
「かかるあさましき無智にのものも念仏すれば極楽に生ずとうけたまはりて、その後ひとすぢに念仏すれども、まことしく、さもありぬべしとおもひさだめたることも候はぬをば、いかがつかまつるべき。」
(浅ましく何も知らない無智な私であっても、念仏をすれば極楽に往生できるとお聞きしましたので、それからというもの、ただ一筋に念仏を申してまいりました。しかし、私が本当に極楽往生が出来るとは、どうしても思う事ができません。私はどうしたらよいのでしょうか。)
「またあるひといはく、念仏すれば声々に無量生死の罪消えて、ひかりに照らされ、こころも柔軟になると説かれたるとかや。しかるに念仏してとしひさしくなりゆけれども、三毒煩悩もすこしも消えず、こころもいよいよわろくなる、善心日々にすすむこともなし。さるときには、仏の本願を疑ふにはあらねども、わが身のわろき心根にては、たやすく往生ほどの大事はとげがたくこそ候へ。」
(また、ある人が言いました。念仏を称えると、これまで犯してきた様々な罪が消えて、摂取の光明に照らされて、心が楽になると説かれていると聞きました。しかし、随分長い間、念仏してまいりましたが、三毒(欲望・怒り・愚かさ)の心ばかりが湧いてきて、私の心はいよいよ悪くなってきます。善い心など日々生じることもありません。
この様な事ですから、阿弥陀さまの願いを疑っているのではありませんが、私の心根の悪さを鑑みると、極楽往生など不可能だと思ってしまいます。)
 美しく綺麗な心など、私には有り得ないのであります。 我が心ながら、私には為す術がないのであります。 だから阿弥陀様さまは私の為に泣かれ、願われるのであります。
 亀井勝一郎は著書『愛の無常について』の中で
「十年ほど前、私がはじめて仏教に思いを凝らした時、入信すれば安心が得られる、心の動揺も止み、悟りが開かれる、と考えていたのもですが、親鸞に邂逅してこれは完全に破砕されました。人間として悟りを開くことなど、有り得べからざる事だというのです。」
「私は親鸞にこれを聞き、不安は不安のままに、罪の意識は罪の意識のままに、矛盾は矛盾のままに謝念が湧出してきたのであります。「私はあなたを慰めることが出来ない」親鸞はかく言っているように思われます。その言葉こそ私にとって最大の慰めとなるのです。」
 私は涙を目にいっぱい溜めて「食べない」という息子を見ながら、「アホやな~」という思いと同時に、たまらなく「愛おしい」と感じておりました。親さまである阿弥陀さまの眼差しの先には、どうしようもない私や息子、そして全ての衆生が居ると感じるのです。
                                    合  掌

5月法話

雲妙寺 大善文彦

「天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位」という大きな節目を迎えました。

天皇陛下御退位 ご苦労様でした。

皇太子殿下天皇御即位 お祝い申し上げます。

国民そろってお祝いいたします。

さて 新元号が「令和」になりました。

何でもそうですが、新しい亊や物に変わった当初は、なかなか馴染みません。

しかし、次第に目に馴染み、手に馴染んで、いつしか違和感は薄れて来ます。

「令和」も耳に入り 口にし 読み書きをするうちに、自然と馴染んでくることでしょう。

私は「昭和」という時代に生まれました。

年齢を重ねるにつれて、姿や形 口にするものや思うことが、随分と変化してきました。

幼い頃は、苦い味の「ふきのとう」等は「ぺっ ぺっ」と吐き出していました。

それが「平成」に変わる頃には、コーヒーが飲めるようになり、「ふきのとう」が美味しく感じるようになり、ついには「アルコールの苦さ」までも「美味しい」と喉を通るようになりました。

そのように 私とは、時間とともに、コロコロと変わります。、

その私の側の条件・状況が、どれ程変化したとても、私を目当てとしたお方が変化せず、「おまえを救う まちがわさんぞ そのまま来いよ」と呼び続け、働き続けておられます。

一般仏教では、煩悩ぼんのうを断って覚りに向かう、という宗派しゅうはが多いです、が 浄土真宗じょうどしんしゅうにおいては、煩悩ぼんのうを断つこと無く、涅槃ねはん(お覚り)に至る。 それが大きなポイントです。

不断煩悩得涅槃ふだんぼんのうそくねはん」と、宗祖しゅうそ正信偈しょうしんげにお書きです。

その理由は、私の側のデレデレだらだらを、シャッキとさせるぞ、ということではなく、阿弥陀様あみださまの側が間違い無いからです。

阿弥陀仏あみだぶつとは、私の側に どのような煩悩ぼんのうという障壁があっても、それは妨げにはならない、問題にはならない、救いづらいことにはならないよ、と 別名の「尽十方無碍光如来じんじっぽうむげこうにょらい」と働かれています。

その阿弥陀仏あみだぶつ 既に私に入り満ちて、「南無阿弥陀仏なもあみだぶつ」と声の相で現れます。

4月法話「本願のかたじけなさよ」

『本願のかたじけなさよ』

弘教寺 小林 覚城

 浄土真宗の仏様は私が南無(帰依、信順)することまで仏の側で仕上げ、既に「南無阿弥陀仏」となって下さっています。私が仏を信じることまでも仏様のお仕事なのです。浄土真宗においては信じることは私の側の問題ではないのです。

「あなたはあなたのまま、そのままで良いのです」

…阿弥陀仏がそうおっしゃっておられます。

 この言葉を頂いて、私の心は安堵の思いで満たされます。

 御法話などで時々お聞きすることがありますが、この御文は私の調べた限りではいずれの経典に表されたものか分かりませんでした。

 ならば、経文そのものというよりは阿弥陀様の御心を私達にわかりやすく解説されたお言葉と頂くべきでありましょう。

「そのままで良い」とは文字通り「そのまま」です。

「なんだ、いろいろと悩んでいたけれど、私はこのままで良いんだ。悩まなくって良かったんだ」といった受けとめ方をされませんでしたか。

 それは、阿弥陀様の御心を「そのまま」頂いた姿ではありません。

「そのままで良い」とは文字通り「悩み苦しみを抱えたままのあなたで良い」ということです。

 ずいぶんとがっかりされたかも知れません。しかし、阿弥陀様の御心を伺えば「どうであっても、今のあなたのままで良い。そんなあなたをすくうよ」となるのです。

 私は私の思いで、物事を受け止めます。都合の良いように解釈するのです。

だから阿弥陀様は私の心は否定せず、汲んで下さいながらも、決して私の心を当てにはしません。「私は阿弥陀様を信じます」という私の心をも当てにされないのです。

 なぜ阿弥陀仏は私のすくいを約束されたのか。それは私が「それほどの業をもちける身」(歎異抄)だからです。「欲望も多く、 怒りや腹立ちやそねみやねたみの心ばかりが絶え間なく起こり、まさに命が終ろうとするそのときまで止まることなく、 消えることなく、 絶えることもない」(一念多念証文)存在だからです。そんな身の事実に気付かれ、おすくいを頂かれた親鸞聖人は「たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ(すくおうと御決意下さった御本願のなんともったいないことであろうか)」(歎異抄)とおっしゃいました。「煩悩具足の凡夫」(歎異抄)…私には煩悩しかないからです。

 阿弥陀仏は私の命、人生を全てお見抜きです。苦悩に沈む我、私は「楽しい生活」だけを求め、自身の苦悩に目を背け続けています。我のすくいになど興味を持っていません。苦悩の事実に気付こうともしない我という存在こそが、勿体なくも仏をして「この者を何とかしてやらねば…」とすくいのおはたらきへと駆り立てるのです。その大きなる御心を大慈悲心と申します。

 仏様の御慈悲は、我が煩悩、我が身の事実の中にこそ味わわせて頂きましょう。

 私の日々の苦悩を見抜かれたが故に、阿弥陀仏はおはたらき下さるのです。煩悩を捨てられず、煩悩故に苦しむ私です。煩悩の中にこそ存在して下さるのが御仏です。だから仏を頂く、仏に出遇えるのは正に私の苦悩の日暮らしにおいてなのです。

 「お願いだからすくわせておくれよ」とまで阿弥陀仏はおっしゃいます。私のすくいを間違いなく定めた上で…です。この私に、阿弥陀様は何とかしてすくいを告げたいと願われます。はたらかれます。お声の限りに私を呼び続けられます。

 「悩み苦しみを抱えたあなたこそが、心配でたまらない。そのままのあなたをすくう。必ずすくう。悩み苦しみの無い浄土の仏とせしめる」が阿弥陀様の大慈悲心です。

  どうにもならない私を、何としてでもすくう阿弥陀仏。

  唯々、仏様に御礼申しましょう。南無阿弥陀仏