浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

3月法話「阿弥陀さまのあたたかさ」

「阿弥陀さまのあたたかさ」
 純心寺 曽我弘章

 愛しいものとの別れ、怨憎の人間関係、限りない欲望、貴賤貧富。孤独感、罪悪感。そして、老い、病、死・・・・・。
 「苦しみは、どうすれば消してなくすことができるのか」という問いに、「苦しみの原因を断ち切って、善い心を保ち、善い行いをし、自らの力で頑張りなさい」と教えられても、頑張れば頑張るほど自分の思い通りにいかない結果に打ちのめされ、反対に心が萎縮していくのが私たちです。

 私たちは、自己中心に物事を見ながら幸せを求めます。しかし、自分の思いどおりにならない現実に直面しては苦悩します。自分の力を頼りに生きていくということが、いかにむずかしいかを思わずにはいられません。

 『寒さにふるえた者ほど、太陽のあたたかさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど、いのちの尊さを知る』という詩人ウォルト・ホイットマン氏の言葉があります。
罪の意識が強く悩み多い者ほど、「あなたのことは、私が一番わかっています。あなたはあなたのままでよいのです。大丈夫、私が助けます」と仰せられる阿弥陀さま(阿弥陀如来)の思い、あたたかなお心に気づくようです。

 ミッキー・マウスの産みの親で世界中の子どもに夢を与えたアメリカのアニメーション映画制作者ウォールト・ディズニー氏が、『ディズニーランド』を作り上げたときに、「この世の人の心に想像力がある限り、このディズニーランドは永遠に完成することはなく成長し続ける」と語りました。あれほど手のゆき届いたテーマパーク『ディズニーランド』は永遠に未完成のままだというのです。
 この話は、「私たちは苦しみから逃れられないこと、未完成であること、それは負ではなく自然なことなのだ」と認識するたとえのような気がします。

 親鸞聖人は、「煩悩にまなこさへられて 摂取の光明みざれども 大悲ものうきことなくて つねにわが身をてらすなり(私たちは煩悩に眼がおおわれているため、救い取ってくださる阿弥陀さまのお働きの姿を見ることができませんが、阿弥陀さまは少しもおこたることなく、常に私を案じて照らしてくださっています)【高僧和讃】」と仰せられます。

 圓日成道師は、『仏さまの言葉は、「まぁゆっくりしておいで、そのままでいいんだよ」と聞こえてくる。するとその人は、元気が出てきて、「よーし」と、さらに歩みをはじめるのでしょうね』と申されます。

 未完成で生きる煩悩まみれの私ゆえに、「あなたのことは、私が一番わかっています。あなたはあなたのままでよいのです。大丈夫、私が助けます」というお心に、あたたかな光を感じます。
                     南無阿弥陀仏

2月法話「童謡ぞうさん」

童謡「ぞうさん」

中原寺 平野俊斉

 我が家では大人が読む新聞とともに、子どもたちのために「小学生新聞」を購読しています。少しでも子どもたちに、世の中で起きていることに関心を持ってもらいたいという親心でありますが、実際には私たち夫婦のほうが熱心に読んでいることが多いです。「小学生新聞」といっても侮ることなかれ、ニュースに出てくる用語を分かりやすく解説してくれたり、子どもたちの間で流行しているものを紹介してくれたりするので、感心することも多々あります。

  先日の紙面において、童謡『ぞうさん』の歌詞について掲載されていました。冒頭の「ぞうさん、ぞうさん、お鼻が長いのね」と話しかけているのは「象以外の生き物」です。鼻が長くないものが、自分とは違って鼻の長い象の子に悪口を言っているのだそうです。それに対して象の子は、しょげたり怒ったりすることなく「そうよ、かあさんも長いのよ」と返します。自分の大好きなお母さんと同じ姿でいることに喜びを感じ、誇りをもっていることが窺えます。

  作詞した、まどみちおさんはこの歌について「ぞうがぞうとして生かされていることが、すばらしいと思っている。だからこの歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌」と述べられています。象の子の返事から、自分が自分として生まれてきたことを引き受けた姿が見て取れます。決して他のものと比べることなく、ありのままの自分をそのままに受け止めて生きる姿が、そこにはあります。  

私たちは常に他者との比較のなかに自らを置き、ときに優越感に浸り、ときに劣等感に悩まされて生きています。自らが多数派にいることに安心を感じ、他者との違いにばかりに目を向け、相手をさげすんだり、非難ばかりしているのが私たちの姿ではないでしょうか。その姿はありのままの自分を、まず自分自身が大切に思い、喜びを感じている象の子とは真逆の姿です。比較のなかに生きる人生は、他者からも、そして自らにも大切にされない人生になってしまいます。  阿弥陀さまは、私のいのちを決して比べることなく、評価することなく、さばくことなく、そのままに受け止め抱きとってくださる仏さまです。この私を見捨てることがない仏さまによって、私が私のままに認められたのです。あみださまの「決してあなたの人生を空しいものとはしない」との願いとおはたらきのなかに私のこのいのちは包まれているのです。

1月法話「新しい年」

新しい年

真栄寺副住職 馬場弘道

明けましておめでとうございます。気づけば「平成」最後の新年、皆さまいかがでしょうお過ごしでしょうか。

毎年お正月を迎えると、思い浮かぶお言葉があります。

勧修寺の道徳、明応二年正月一日に御前へ参りたるに、
蓮如上人仰せられ候、「道徳はいくつになるぞ。」

                  (蓮如上人御一代記聞書)

 明応二年(一四九三)の元日、蓮如上人が門弟の道徳さんに向かって語られたと伝えられています。弟子の道徳さんが、新年のご挨拶に蓮如上人を訪ねると、蓮如上人はいきなり、「道徳は何歳になったのだ、お念仏を申しなさい」と、お正月早々に厳しい言葉でおっしゃいました。

 新年を迎えると、私たちは当たり前のように「おめでとう、おめでとう」とお祝いの言葉を述べます。昔は誕生日ではなく新たな年を迎えて一つ年を取る習慣でした。一つ年を重ねる中に、蓮如上人は、「何が本当にめでたく、歳を重ねるということはどういうことか」を問われているのです。つまり、新年を迎へ歳を重ねるということは、いよいよ「生の意味、死の意味」をしっかり考えなければならない時期であることをさとされているのです。また、「いくつになるぞ」とのお言葉は、新年を迎え、今年もこのままの状態で続きたいと願っている私たちに、「いつまでも同じではない。だからこそ今を大切にしなければならないぞ」という問いかけでもあります。

 阿弥陀さまは今の私を、そのまま抱きとめて、決して捨てることはなく必ずお浄土へ導くと、おっしゃいました。そしてそのはたらきを、私たちのためにわかりやすく「南無阿弥陀仏」というお念仏にしてくださいました。

 新年にはご家族がそろわれることと思います。新年の挨拶に「お念仏申そうね」と、ひとことそえていただけると有り難く思います。おめでたい時、嬉しい時も、阿弥陀さまはご一緒です。新たな年の始まりをお念仏とともに迎えることは何よりも大きな喜びであります。本年もお念仏申す日暮らしを送らせていただきまましょう。           

       合掌

12月法話「揺さぶられる私です。」

揺さぶられる私です。   

本覚寺住職 小林則子

 

昨年の冬の事でした。大学受験を控えたお子さんの母親が血相変えてお墓参りに来ました。私は日頃の挨拶をしました。彼女は泡を吹く勢いでこの様な事を言いました。「息子が受験なんです。親はこれしか出来ないからこれだけに来ました。」と両手を顔の前ですり合わせる姿を見せました。私は「はー」というだけでした。すぐには意味が解らなかったのです。気になって彼女の後姿を見て居ました。手早く墓前を整えてしゃがみこんで手を合わせ、背中を丸めて祈る?おがむ?…とにかく一心不乱とはこのようなすがたを言うのかなとしばらく見つめていました。何を祈ったのか頼んだのか私には分かりません。折に触れては「加持祈祷や断食・茶絶ち等々しないのが浄土真宗ですよ」と伝えています。私の力不足を強く知らされた思いでした。

 

 私が10代の頃、お説教にいらしたお坊さんが次のようなお話をされました。「高校野球に出てくる生徒は色々な宗門校からも出てきています。それらの神さま、仏さまがみーんな願いを聞いて約束を守ってくれたらどうなるか・・・そうです。甲子園球場は大混乱で決着もつきませんね。」その日の本堂は、皆「あ!」という表情、そしてお念仏の大合唱となりました。それから半世紀も時が経ち、忘れていた事でしたが、ふと、その事が鮮明に思い出されました。

 

何かにすがりたい母親のすがたは時として私のすがたでした。一心不乱の故その時はそれしか見えないのです。もしわが子が大病に侵されていたら浄土真宗の教えを聞いているからと落ち着いていられたでしょうか。何時の時代も色々な祈祷や占いに心を揺さぶられる私たちですが、阿弥陀さまはそんな私たちをとうにお見通しです。

 

 仏さまに合格祈願や病気平癒をお願いしてしまうのは仏教の説く因果の道理からはずれています。

 

それでも目先の不安や不都合で心揺さぶられる私たちを阿弥陀さま側から大きな智慧とお慈悲のお心で願われているのです。

11月法話「人間は偉いものではない、尊いものなのです。」

人間は偉いものではない、尊いものなのです。

宗真寺前住職 石川慶子

 

 宗真寺の門前に一本のいちょうの大木があります。秋が深まるにつれ色づいて、ちょうど11月末の報恩講のころに、まるで光を放っているような黄金色に染まります。それより前から銀杏の実がしきりに落ち出し、風が吹けば地面は敷きつめたかのように銀杏だらけ、うっかり歩くこともできません。小粒の実は拾い手もなく、私たちには困りもの。毎朝ひたすら掃いて、木の根もとに積み寄せておきます。

 季節が移ると、何とその夥(おびただ)しい量の実が一斉に芽をふき、気がつけば一人前の葉をつけた10センチばかりのいちょうの木になっている。何百何千本のチビいちょうの森ができるのです。その一本一本のうちに、親木と同じ大木になっていく“生命(いのち)の力”が備わっているのでしょう。

 けれども実際には、寺の門前がいちょうの大森林に占領されるという心配はありません。ここの10センチのチビいちょうには大木に育っていく“縁”がないからです。

 

 生物学者、福岡伸一さんがこんなことを書いていました。『私たちの生命は、どんな風土のもとに誕生するか全く分からないし、誕生後どんな外敵にさらされるか分からない、病原菌やウイルス、化学物質……みな想定外の事態。それに対し“私たちの生命の側”はDNAの組み換えや積極的な変化によって、百万通り以上の抗体を準備して受けて立つ。この中のどれかが、いざという時に役立つようにと。大半の抗体は、出番のないまま終わるのだ。つまり“生命”は大過剰と思える程の準備をして誕生する。だからこそ様々な風土に適応し生き抜いていく』

 

 科学にはとんと疎(うと)い私には、門前のいちょうと福岡博士の話が、“大過剰”の一点で結びついてしまいました。ひとつの生命体の背後に、大過剰ともいえる程の生命の働きが広がっていた、という驚きと感動。

 私たちはいわば、たまたま得がたい縁を得て大きくなれたいちょうの木です。数限りない生命の形態がある中に、「人」として生まれ育ってきました。そしてこの私の生命が誕生するには、周到な、生き抜く為の準備が既になされていたのです。(ここで触れた抗体の話は、その準備のほんの一例に過ぎません)

 この“縁”の貴重さと、生命の不思議さをすっかり忘れて、私たちは、親に産んでもらい自分で生きてきた、と思ってしまうのではないでしょうか。

 

 私の外にも内にも満ちている大いなる力―――「はかり知れない無量のいのち(・・・)のはたらき」としか言いようがありません。

 「人は偉いものではありません。でも尊いものです」という安田理深師のことばにうなづくばかりです。