浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

2月法話「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

真宗寺 柏倉学

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

山口県の圓正寺様から数年前に頂いたカレンダーのお言葉です。

この圓正寺様にHさんというご門徒さんがいらっしゃいました。

Hさんは嫁いできた時に、義母と義祖母から「家のこと畑のことはもちろんして貰いますが、うちは圓正寺の門徒です。お寺のご法座や婦人会の集まり等がある時には必ずお寺にお参りに行きなさい。これからはお仏壇のお仏飯の担当はあなたよ」と、H家の家訓として聞かされました。それから何を措いても圓正寺に足を運びお聴聞を重ねられ、阿弥陀さまが大好きになりお念仏を喜ばれる様になられました。

生活の中で女の子を授かり、育てていく中その子の手を引きながらのお寺参りを続けられましたが、だんだんと娘が大きくなっていくにつれ、娘は反抗期からか理由をつけてはお寺からどんどん足が遠のいていき、最後にはお寺参りお聴聞を喜ぶことなく、県外に嫁いでいかれました。嫁いだ後も、娘さんはお盆やお正月など実家に帰る度に「お寺にご挨拶に行こう。阿弥陀さまに御礼しに行こう」と言うお母さんのことを疎ましく思っていました。

Hさんは阿弥陀さまのお慈悲を、家訓を我が娘に伝えられなかった自分が情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それから、少しでも阿弥陀さまのお慈悲を娘に残したいと思い、聞いたことや嬉しかったこと、有り難かったことなどをノートに書き残されました。そのノートは八十冊程になりました。その中、ご家族をお見送りし最後一人暮らしの中に亡くなられました。

娘さんは残された実家の家財道具を整理に来られ、お仏壇の横に置かれたお参りの経本入れや門徒式章・お念珠、横に積まれた八十冊ものノートの山を見られた。そして、お母さんがこのノートを何故書き残したのか、お母さんがどんな思いでお寺参りしていたのか、何を私に伝えたかったのかを知りたいと思い、お寺参りを始めお聴聞を重ねられました。今はお慈悲を喜ばれ、お念仏の日暮しをされる方になられました。

最初のお言葉はこのノートの中にあった一節であり、娘さんが喜ばれた言葉であります。

阿弥陀さまは西方十万億仏土の彼方、極楽浄土にいらっしゃるとお聞きかせ頂いている。けれども阿弥陀さまは遠くで私を待っている仏さまではなく、すでに私の元に届いていてくださり、今私の中に入り満ちて下さっている。いつでもご一緒の仏さま南無阿弥陀佛の仏さまとお聞かせ頂いている。

「お母さんは亡くなってどこか遠くに往ったのではなく、阿弥陀さまのお慈悲の中に摂めとられ、南無阿弥陀佛と今私と一緒にいてくださる。あんなに疎ましいと思っていたお母さんと今の方が会っている気がします。お母さん有り難う」今、先に往ったいのちと遇え世界、倶会一処のお心を喜ばれお念仏を味あわれています。

北門研下見

夏のお寺の臨海学校の為の下見に行ってきました。

小見川少年自然の家からちかくの浄土寺さんまでの旅。

雪がまだ残る中を歩き、新たな発見もありました。

やはり現場に足を運ばないといいアイデアは生まれません。

少しづつ準備が進んでいます。

<情報部>

みのり会 打ち合わせ

みのり会の打ち合わせが、昨日、千葉駅近くでありました。

来年度は組をあげての公開講座という事で、入念な打ち合わせです。

おもしろいアイデアも出来ました。

案内が出来次第お知らせいたします。

<情報部>

1月の法話 「ショッピングモールにて」

 

「ショッピングモールにて」

 

無量寺 金山龍成

 

私と娘と妻の家族3人で近所のショッピングモールに買い物へ

必要な物を買い終え 様々なお店をまわっていると、

4歳になる娘が突然 一目散にどこかに走りだして行きました。

その先を見てみると おもちゃ売り場です。

かわいい人形や 楽しそうなおもちゃが沢山並んでいて、

娘からしたら宝の山だったのでしょう

それらに目が奪われて おもわず駆け出したのです。

私は少し離れた場所で 娘の様子を眺めることにしました。

お気に入りのおもちゃが見つかったのでしょうか、

そのおもちゃで 楽しそうに遊んでいます。

時間も忘れて しばらく夢中で遊んでいました。

ところが ふと我に返り周りをキョロキョロと見渡しています。

お父さんもお母さんもいません 置いて行かれたと思ったのでしょうか、

今にも泣き出しそうな 不安そうな顔になっていました。

お母さんは どこにいるのかと言いますと 実はすぐ後ろにいたのです。

迷子にならないか お友達とケンカしないか心配で ずっと見守っていたんですね

けれど娘の方はおもちゃに夢中で すぐ真後ろにいるお母さんに気づかなかったのでしょう。

妻は不安そうな娘を抱きかかえ「お母さん ここにいるよ」と声をかけていました。

その声を聞いた娘の顔は 一瞬でに笑顔に変わりました。

娘はおもちゃに夢中で母親がどこにいるか気付いていませんでしたが、

母親の心はずっと子どもに向けられていたのですね。

 

親鸞聖人がお敬いされた高僧のお一人 善導大師の「般舟讃」に次のような お言葉があります。

「仏(ぶっ)身(しん)円(えん)満(まん)無(む)背(はい)相(そう)」

阿弥陀さまは 決して背を向けることがありません 常にあなたの方を向いていて下さっていますよ というお言葉です。

「阿弥陀さまは 決して背を向けない」

この私が阿弥陀さまの事を忘れていようとも どこにいて 何をしていようとも

阿弥陀さまのお心は常に私を向いていて下さっているのです。

そして 阿弥陀さまは 私の口から「なもあみだぶつ なもあみだぶつ」

「あなたを捨てない親がここにおるよ」と呼びつづけ

今、ここに、共にいてくださっている事を知らしめて下さっているのです。

 

南無阿弥陀仏

 

 

12月法話 生死一如

 

「生死一如」

浄土寺 藤田英範

 

先日、孫の祖父母会に出席しました際、園児達が何曲か歌を披露してくれました。

その中で、私自身何度も聞いたことのある「手のひらを太陽に」を歌ってくれました。

皆様も聞いたこと、歌ったことがあると思います。

「ぼくらはみんな生きている」から始まり

生きているから歌ったり、悲しんだり、笑ったり、喜んだり、踊ったり、愛したりする

んだと歌って、さらにミミズ、オケラ、アメンボ、トンボ、カエル、ミツバチ、スズメ、

イナゴ、カゲロウみんな、みんな生きているんだ、友達なんだと続く歌です。

 

私は今迄に何度もこの歌を聞いていたにも関わらず、あまり意に介さず聞き流し

ていましたが、今回この歌を聞いて、「生きている」ということを改めて考えさせら

れ「すばらしい」と感動しました。

皆様方は如何です。私が年をとったせいでしょうか?

私達はよく「死」を自分の周りから遠ざけ、「生」ばかりをおってしまいがちですが、

かと言って本当に「生」をしっかり見つめているでしょうか?

 

今日も明日も、明後日も生きている(=命がある)のは当然であり、改めて意識す

ることなしに毎日を過ごしていませんか?

現実的な面から見れば、私達は生きていくために、まずは当然ですが食べなけれ

ばなりません。食物(肉、魚、野菜等)を摂取することで肉体を維持することが出来

る訳ですが、これは他の物の命を奪って私達は生きるということであり、私達の生

と他の物の死が同時に成り立って生=殺ということになるのです。

さらに大自然から戴く空気、水、光それらのものを取り込むことによって命を支えて

生きているわけですが、それだけでも生きていけるものではありません。

人は、自分を取り囲む家族、そしてその周りの方々による直接、間接的にしろそれ

らの支えにより生きていく事が出来る存在なのです。

 

浄土真宗では食事の際に以下の言葉を唱和します。

食前の言葉

 ・多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。

 ・深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。

食後の言葉

 ・尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。

 ・おかげで、ごちそうさまでした。

この言葉に言い尽くされているのではないでしょうか。

 

何かのきっかけで、自分の力だけを信頼して生きてきたつもりの自分の思いあが

りがひるがえされ、はじめて、全ての人々のお陰で生かされていた自分であった

と気付かされる時があります。

このように私達を取り巻く物、人の支えによって生きているということは、それらに

よって生かされている存在であるということであり、今ここに生かされている命を

見つめ感謝することは「死」を見つめることでもあるのです。

 

仏教では『生死一如』といって、生と死は表裏一体であって生と死を分断しないこ

との意味がここに込められているのです。

 

蓮如上人が白骨の御文章の中で「我やさき、人やさき、今日ともしらず、明日とも

しらず」とおっしゃっておられる通り。今日か明日かわからない大人も老人もそ

して子供も、今日を最後として生きているのです。

 

もう故人となられましたが、映画の評論家で有名な淀川長治さんという方をご存

知でしょうか?若い方達には馴染みがないかも知れませんが、この方は行き先

で自分が死んだ時に、まわりの人に迷惑をかけてはいけないという信念から、

どこかへ出かける時にはいつも、いくらかは知りませんが、それに相当するお金

を持ち歩いていたそうです。

「人間はいつどこで人生を終わるかわからないので、いつもその心構えをしてお

かなくてはならない」というのが口癖で一日一生の思いで生きておられたようです。

ある時友人が、貴方のように「いつ死ぬかわからない」などと何時も考えていたら

気持ちが暗くならないですか?と聞いたら、その時「いや、いつ終わるかもしれな

いと考えているから、何事にも全力投球ができ、いいかげんな生き方は出来ない

という思いが湧いて、毎日が充実し、明るく楽しく生きられる」といったそうです。

 

明治の先達清澤満之先生に「生のみがわれらにあらず、死もまたわれらなり」と

いう言葉がありますが、『生きている』と言うことは、正確には生死しているという

ことであり、何時どのようになってもこれで充分ですと言えるような生き方を自ら

に問いただすということが大切な意味をもってくるのです。

 

このような生き方を毎日思って生きていくということは難しいことですが、少しでも

この様な気持ちを持って、一日一日をすごして行きたいものです。

如何でしょうか?

自分の人生ですものね。                    南無阿弥陀仏