浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

千葉組日記

ブログ一覧

5月法話「阿弥陀様と共に」

阿弥陀様と共に

常圓寺 井上敬信

 

近くに住んでいる小学校2年生と5歳の甥っ子が時々うちにやって来てくれる。

 

本堂に入ってきてお座りし、「なあーまんだーぶ、なあーまんだーぶ」と笑いながらお念仏を称えていたことがあった。私の真似をしているのだ。本人たちは遊びの一環のようでふざけあっているが、私は大変ほほえましくその様子を見ていた。

 

 その時、ある布教使さんが次のような話をされたことを思い出しました。息子さんたちがテレビゲームで遊んでいた。時間制限があるのにそれをオーバーして遊んでいた。そろそろ怒らないといけないと思った時に、息子さんたちが父親の気配に気づき、いきなり「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とお念仏を称えだした。子供たちはまだゲームをしたい。どうすればまだやめさせられないかと考えた時に、「そうだお念仏称えながらゲームをしていたら、やめさせられないかも。だってお父さんはいつも、お念仏を称えましょうってお寺で言っている」と思ったのだろう。迷う父親。どうしようか、お念仏を称えることは素晴らしいことだけど、ゲームをやめさせなくてはいけない。と考えていた時にたまたま通りかかったお祖父さんがボソッと「なんてお念仏って有難いのだろう。ゲームをやりたい子供のために口から現れてくださった」とこう言いました。

 

子供たちはまだゲームがしたいとの思いでお念仏を称えていた。しかしお祖父さんの受けとめは違っていた。子供たちの「お念仏すれば怒られないかも」という思いにあわせて、阿弥陀様の方が称えられるようにはたらいてくださったと受け止めたのである。

 

 親鸞聖人のお師匠様である法然聖人はこの南無阿弥陀仏の名号を勝易の二徳という言葉でお示しになっている。お念仏には勝(すぐれている)と易(やさしい)の二つの徳がある。

 勝れている点として「万徳の所帰」と示される。お念仏には阿弥陀様の功徳がすべて余すところなく備わっているということである。

お念仏を称えることを称名というが、唱えるという字を使わずに称の字を使っている。親鸞聖人は称の字にはかりという意味があるとお示しになる。はかりとは物の重さを知る道具である。左のものと右のものが一緒の時にはかりはその中心を指す。私の口から出て来るお念仏がそのまま阿弥陀様のはたらきそのものであることを称の字でお示しになられている。ただ唱えているだけではなく、阿弥陀様のはたらきそのものがお念仏になってあらわれてくださるのである。阿弥陀様はお内陣に鎮座しているのではなく、私の口を通してはたらいてくださるほとけさまなのであります。

 もう一つは誰にでもできるやさしい行である。仏教では瞑想したり、護摩を焚いたり、座禅をしたり、様々な行があるが、わずか六字の南無阿弥陀仏を称えることを行とされたのである。5歳の子供にもできる形にしてくださったのであります。

 

私たち生きるものすべてを見つめられて、どのようなものも救わずにはおれないと私たちにあわせた形が南無阿弥陀仏なのであります。この阿弥陀様のはたらきが今ちいさな甥っ子たちにはたらいてくださっている。もったいない、ありがたく思っております。

 

4月法話「『キングダム』を読みながら考えた」

『キングダム』を読みながら考えた

 専念教会 阿形 雄三

 

一、はじめに

 『キングダム』という『週刊ヤングジャンプ』に連載され、現在単行本は四九冊を数えるマンガがあります。舞台は紀元前二四〇年代の中国、五百年続く戦乱を終わらせるため中華統一を志す秦国の嬴政えいせい(後の始皇帝、以下政)と、奴隷同然の境遇にありながら「史に名を残す天下の大将軍」になる夢を実現しょうとするしん。この二人を中心に物語は展開していきます。

 そんな『キングダム』の場面を紹介しつつ、少しお話をさせていただきます。

二、「人の持つ本質は―――光だ」

 三九巻の四二三話『天下の起源』から四〇巻の四二七話『決意の言葉』にかけて、秦国の実権を握る呂不韋りょふいと政が、天下、金と欲望、戦争等について語り合います。

 呂不韋が「戦争は紛れもない人の本質の表れ、人の世の営みの一部、その否定は人の否定、現実を受け入れて為政に挑まねば世は前進せぬ!」と主張するのに対し、政は「お前達は人の“本質”を大きく見誤っている」と指摘し、次のように続けます。

 「たしかに人は欲望におぼれ、あざむき、憎悪し殺す。凶暴性と醜悪さも人の持つ側面だ。だが決して本質ではない。その見誤りから争いがなくならぬものと思い込み、その中で最善を尽くそうとしているが、それは前進ではなく、人へのあきらめだ! そこに気付かぬが故に、この中華は五百年も戦争時代を続けている」

 では、人の本質とは何なのかと呂不韋に問われた政の答えが小題なのです。

 自身の経験、出会った人々に思いをせながら、「形や立場が違えど、皆一様に自分の中心にある“光”を必死に輝かせて死んでいった。そしてその光を次の者が受け継ぎ、さらに力強く光り輝かせるのだ。そうやって人はつながり、よりよい方向へ前進する。人が闇に落ちるのは己の光の有り様を見失うから。見つからず、もがき、苦しみ、悲劇が生まれる。その悲劇を増幅させ、人を闇へ落とす最大のものが戦争だ。だから戦争をこの世から無くす」と、決意を明らかにします。

 一方、仏教では“光”とは「真実」、親鸞聖人が「煩悩具足ぼんのうぐそく凡夫ぼんぶ火宅無常かたくむじょうの世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに」とおおせの通り、私達は生まれた時から闇の中を生きています。

 生まれた時からそうだから、皆がそうだからと思い切り、不確かなものに確かであれと願うだけなら、それは「人へのあきらめ」になり、もし釋尊がそうだったら、仏教は存在しなかったでしょう。

 「法灯明、自灯明」と釋尊は仰せになりましたが、私には出うべき真実があり(法灯明)、その真実に出遇った私になる(自灯明)。親鸞聖人は先のお言葉の後に、「ただ念仏のみぞまことにておはします」とお続けになり、釋尊が明らかにされ、七高僧を中心とする多くの方々が受け継がれた「お念仏」こそが“光”ですよとお示しくださいました。

三、「“光”とは願い」

 四六巻の四九四話『地下牢の賢人』で、政の忠臣昌文君しょうぶんくんと、呂不韋の配下で当代屈指の法家李斯りしが、“法”について語り合います。

 「そもそも“法”とは何だ?」と李斯に問われた昌文君は、「法とは刑罰をもって人を律し治めるもの」と答えますが、李斯に「馬鹿な!刑罰とは手段であって法の正体ではない!」と一喝されます。

 「では…法とは何なのだ」という昌文君の問いに、李斯は次のように答えます。

 「“法”とは願い!国家がその国民に望む人間の在り方の理想を形にしたものだ!統一後、この全中華の人間にどうあって欲しいのか、どこに向かって欲しいのか、それをしっかりと思い描け!」と。

 一方、私が出遇うべき“法”とは、阿弥陀如来とその「願い」であると釋尊は仰せになりました。

 あらゆるいのちをご自身と等しい光り輝くいのちに成らしめ、真実の安楽を得さしめる。その「願い」は、そうなる気持ちも力もない私のようないのちこそが目当てなのです。

 そうすればその「願い」が実現できるのか、五劫ごこうというきわめて長い時間をかけて考え抜かれた阿弥陀如来は、ご自身が何を成すべきかを選び取られ、その実践に兆載永劫ちょうさいようごうというはかり知れない時間をかけられたと釋尊は教えてくださいました。

私のようなものを救うのは、それ程大変なこと、とんでもないことなのです。

 親鸞聖人は常々つねづね「弥陀の五劫思惟しゆいの願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人いちにんがためなりけり。されば、それほどの業をもちける身にてありけるをたすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と仰せになられたそうですが、「同行二人」だよと語りかけていただているようで嬉しくなります。

3月法話「ふと」

ふと

寶満寺 清谷亮

「生きていくのがつらい」と感じることはありませんか。

「わたしは何のために生きているのだろう」と問いかけることはありませんか。

歳をとったとき、病気になったとき、あるいは何気ない瞬間に、自分の生の意味を考えることがあるかもしれません。

お釈迦様は「人生は苦しみの連続である」と説かれました。この場合の苦しみというのは煩悩から生まれるものであり、「自分の思い通りにならない」ということです。いや、世の中には楽しいこともたくさんあると思われるかもしれません。しかしその楽しみも苦しいことがあるからこその楽しみであり、楽しみだけが続くのであればそれは楽しみとは言えないでしょう。

同時に自分は「生きる意味」というものを今までに人から教わってきたことがあっただろうか、と振り返ってみてください。親や学校の先生、友人たちなどから何かしら示されたことがあったかもしれません。しかし多くの方はそういう経験のないまま成長してきたのではないでしょうか。

「自分は何もしないし何も出来ない。人に迷惑ばかりかけてきた」

そう自分の事を仰る方もありましょう。

しかしそんなあなたの存在は、唯一無二のものとして必要なのです。他の誰として代わることはできません。

親から生まれ育つにも、私一人ではどうにもできません。恩師、先輩、友人…私たちは様々な人たちから支えられて生きてきました。また気がつかないうちも含め、自らが人の支えになったこともあったかもしれないのです。人に迷惑を掛けたこともあれば、掛けられたこともあったはずです。そこにはお互い様の心、生かされているということに対する気付きがあります。生きているのではなく生かされている。人間とは生かされて生きていくだけでも立派なものではないでしょうか。

 

「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」

 

歎異抄第三章の有名な一節です。

「善人ですら往生できるのであるから、悪人が往生できないはずがない」

 

煩悩を捨てられずに苦しみ迷いの中に生きているような人間(悪人)でも、必ず阿弥陀様は救って下さると親鸞聖人は説かれております。仏様の慈悲の中で、悪人の自覚を持った者が救われていくのが「悪人正機」のみ教えです。

多くの人が苦しんでいて、そして悪人であると思います。そんな人間を決して見捨てないのが阿弥陀様の救いであります。

 

2月法話「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

真宗寺 柏倉学

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

山口県の圓正寺様から数年前に頂いたカレンダーのお言葉です。

この圓正寺様にHさんというご門徒さんがいらっしゃいました。

Hさんは嫁いできた時に、義母と義祖母から「家のこと畑のことはもちろんして貰いますが、うちは圓正寺の門徒です。お寺のご法座や婦人会の集まり等がある時には必ずお寺にお参りに行きなさい。これからはお仏壇のお仏飯の担当はあなたよ」と、H家の家訓として聞かされました。それから何を措いても圓正寺に足を運びお聴聞を重ねられ、阿弥陀さまが大好きになりお念仏を喜ばれる様になられました。

生活の中で女の子を授かり、育てていく中その子の手を引きながらのお寺参りを続けられましたが、だんだんと娘が大きくなっていくにつれ、娘は反抗期からか理由をつけてはお寺からどんどん足が遠のいていき、最後にはお寺参りお聴聞を喜ぶことなく、県外に嫁いでいかれました。嫁いだ後も、娘さんはお盆やお正月など実家に帰る度に「お寺にご挨拶に行こう。阿弥陀さまに御礼しに行こう」と言うお母さんのことを疎ましく思っていました。

Hさんは阿弥陀さまのお慈悲を、家訓を我が娘に伝えられなかった自分が情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それから、少しでも阿弥陀さまのお慈悲を娘に残したいと思い、聞いたことや嬉しかったこと、有り難かったことなどをノートに書き残されました。そのノートは八十冊程になりました。その中、ご家族をお見送りし最後一人暮らしの中に亡くなられました。

娘さんは残された実家の家財道具を整理に来られ、お仏壇の横に置かれたお参りの経本入れや門徒式章・お念珠、横に積まれた八十冊ものノートの山を見られた。そして、お母さんがこのノートを何故書き残したのか、お母さんがどんな思いでお寺参りしていたのか、何を私に伝えたかったのかを知りたいと思い、お寺参りを始めお聴聞を重ねられました。今はお慈悲を喜ばれ、お念仏の日暮しをされる方になられました。

最初のお言葉はこのノートの中にあった一節であり、娘さんが喜ばれた言葉であります。

阿弥陀さまは西方十万億仏土の彼方、極楽浄土にいらっしゃるとお聞きかせ頂いている。けれども阿弥陀さまは遠くで私を待っている仏さまではなく、すでに私の元に届いていてくださり、今私の中に入り満ちて下さっている。いつでもご一緒の仏さま南無阿弥陀佛の仏さまとお聞かせ頂いている。

「お母さんは亡くなってどこか遠くに往ったのではなく、阿弥陀さまのお慈悲の中に摂めとられ、南無阿弥陀佛と今私と一緒にいてくださる。あんなに疎ましいと思っていたお母さんと今の方が会っている気がします。お母さん有り難う」今、先に往ったいのちと遇え世界、倶会一処のお心を喜ばれお念仏を味あわれています。

北門研下見

夏のお寺の臨海学校の為の下見に行ってきました。

小見川少年自然の家からちかくの浄土寺さんまでの旅。

雪がまだ残る中を歩き、新たな発見もありました。

やはり現場に足を運ばないといいアイデアは生まれません。

少しづつ準備が進んでいます。

<情報部>