浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

浄土真宗本願寺派千葉組(ちばそ)は、千葉県にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺の総称です。
各寺院の紹介、千葉組の行事を紹介しています。また、毎月法話も掲載しています。どうぞご覧ください。

5月の千葉組行事予定

  • 6日 組会

 

千葉組日記

11月法話「お墓って怖くない?」

「お墓って怖くない?」

照願寺 高澤公一

 

夏になると海に近く都心からもそれほど離れていないロケーションの照願寺にも友人らが子供をつれて家族で遊びに来たりします。泊りがけで、海に遊びに行ったり、すいか割りをしたりと地元を楽しんでもらえるので毎年こころよくお迎えしております。そんななかでの会話で

「お墓って、こわくないの?」

と質問されました。

 

多くのお寺が、敷地内に墓地があり住居があります。照願寺でも本堂の間近に境内墓地があり、住居があります。その友人いわく、「お寺はありがたい場所だとは思うけど、住んでるすぐ近くにお墓があるのはなんだか不気味じゃない?幽霊とかでるんじゃないの?」と言われました。続けて「お坊さんって除霊とかできるんでしょ?」と

 

私は「私は幽霊に会ったことはないし、ここのお墓が怖いと思ったことはないよ。」

と答えます。

私自身は、ずいぶんこのお寺に滞在していますが、おばけや幽霊を見たことも感じたこともないし、そもそも除霊なんて能力を持ち合わせてはいません。しかし、それらが存在するとしたらなんだか怖いという気にもなります。世の中にはその手の情報があふれていて、古くからの書物にも普通に登場する存在です。静かな暗闇の中でなんでもない(物音や雰囲気)ことでも恐れや不安を抱いてしまいます。「何かいるのではないか」。まさに「疑心暗鬼を生ず」といったところでしょう。

 

ある先輩のお坊さんがこうおっしゃってました。

「お墓にはいるとしてもみんな仏様やろ?いっぱい見守ってくれててありがたいやないか」

 

たしかに、何かが存在がいたとしても、ここはお念仏を大事にし、このお寺を守り続けてきてくれたお家の方の代々のお骨があり、今生きているご家族が大事にしてくれている場所。阿弥陀様のはたらきにより間違いなくお浄土に往生されている仏様しかいないのではないでしょうか。

 

「いや、まちがいなく仏様やろ。」

そんな話をしていると友人は少しずつ納得した様子で、

 

「ありがたいんだねぇ。南無阿弥陀仏」

友人にとって、幽霊とは見知らぬ存在。知らないからこそ恐れたり怖がったりするのですが、照願寺を大切にしてくださった方々、仏様という気付きによって、ありがたい存在になったようです。これにとどまらず自分自身の中で確かな気付きをもつことにより不安だと思っていたことが解消されることが多いと思います。お墓というのは亡き方のお骨を納め、亡き方を偲びつつ、仏縁にあわせていただく大切な場所、お参りの際は、仏様を出遇ってください。

› more