浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

法話

7月法話「1÷1/10=」

1÷1/10=

西光寺 吉弘一秀

問題

1÷1/10=

 

久々の分数の割り算いかがですか?

答えは10です。

正解しても何も出ません^^

さあ、ここで一緒に考えていただきたいのです。なぜ割り算なのに答えが増えるのか。

学校では、分数の割り算は、割る方の分母と分子をひっくり返して掛け算をすると教わりました。

1×10=10だと…。

もし子供に「なんで?」と聞かれたら私は困ってしまいます。

 

佐治晴夫さんという物理学の先生がおられます。この方は、扇風機にゆらぎの機能を付けた第一人者で、仏教や音楽にも精通しておられる方です。本も出されその中で、佐治先生が分数の割り算について、

「何で1/10で割ると答えが大きくなるのかと子供に聞かれたらそれは、『不思議の国のアリス』にように、あなたが小人になったと思いなさい。同じものがあるときに、あなたが10分の1の大きさの小人になったら相手は10倍に大きく見えるでしょう? 人間の目では1に見えることも、小人には10に見え、虫には100や1000にも見える。」

と言われました。なんとも素敵な例え方ではないでしょうか。感性を刺激する数学です。

 

 これを見ました時に、仏教が説く「我執」からの解放につながる話ではないかと思ったのです。「我執」とは、執われのこころ、偏見や固執したものの見方をさします。この「我執」を数式化して先ほどの式の割るほうに当てはめてみしょう。我々が見えている世界をnとしますと、n÷我執=n/我執=その人の見えている世界

我執が大きくなればなるほど見える世界は小さくなります。世界が小さくなると、すこしのずれも許せなくなってきます。反対に我執が小さいほど、見える世界は大きくなります。「我執」を小さくしていくこと、「我執」から解放されることを仏教は目指します。

 

 さあ、ここで問題なのが、「我執」の心からどう離れられるのか。そう離れることはできません。たとえ、ひとつの我執から解放されても、また新たな我執がすぐさま現れます。一つの願いが叶っても、また新たな願いが出てくる。尽きることのない、終わりのない障害物レースを走っているかのようです。

阿弥陀如来という仏様は、そのような凡夫の姿をご存知です。それを承知の上で私を、あなたをすくおうと仏となられました。浄土真宗の教えの要は、私は我執を持ち続ける人間であると自覚すると同時に、その私を必ずすくうと誓われる阿弥陀如来の本願を頂く事なのです。

 

南無阿弥陀仏

6月法話 火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなき

火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなき

釋義顯

火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします『歎異抄‐御序より』

 「火宅無常の世界」とは、火の着いた家が崩れ落ちていくような無常の世界のことで、とても安心して住める状況ではありません。その世界は、真実と呼べるようなものはなく、すべて空言、虚言であり、ただ念仏のみが真実であるということです。

 

 

最近、某大学のアメリカンフットボール部の問題が世間を騒がしています。

私は高校時代にラグビーをやっており、今は亡き伝説的な人物S師に憧れ、この大学にスカウトをされセレクションに参加し、練習にも招待されていました。(聞く話によると推薦書類の不備により落ちましたが、当時一部リーグに所属する別大学チームで諸事情により辞めるまでアメフトをしていました。)

S師が引退され、まさに体制が変わりつつあった頃です。

もし、入っていれば、あの選手と同じディフェンスエンドをしていたかもしれません。年代は違うものの、ひょっとしたら私が当事者になっていた可能性もゼロとは言い切れません。

とても、他人事ではありません。

 

選手、プレー、監督・コーチ、指導方法、大学の対応…。

私は「他人事ではない」とは言え、所詮部外者です。

これらどうこうは、“真相を知らない”ので、私からの公言は控えさせて頂きますが…

アメフトが大好きな者として不満、苛立ちはあります。

 

しかし、なにより「不思議だなぁ」と思うのが、世間の流れです。

 

なぜ、名前の似た大学にクレームが?

なぜ、名前の似た大学のラグビー部にクレームが?

問題のプレー動画が注目を集めて、すぐ『DL選手はラフプレーの常連』としてネットにアップされました。でも、本当?

 

当該大学と名前の似ている大学は、全くもって別大学で、まったく無関係です。

ラグビーとアメフトは全くもって別競技ですし、無関係です。

『ラフプレーの常連』の動画は、選手の会見後削除されましたが、顔写真も名前も公開されていました。動画作成者の謝罪はあったのでしょうか。

 

「とりあえず、社会的に問題になってるから便乗するか?」という程度でのクレームなのでしょうか?

 

“何でもかんでも、取り合えず叩けば良い”

“自分たちの意にそぐわない意見は排除”

 

そんな世間の流れになっていませんか?

そんな世間に流されて判断していませんか?

 

ネット社会になった昨今は、世間は様々な情報が多く流れています。

ウソの情報 感情操作のための情報 情報操作のための情報…

 

人は最初に耳にした情報を“正しい情報”という先入観を刷り込まれてしまいがちです。後から出てきた別情報は「言い訳」「開き直り」と受け取ることもあります。

 

もし、選手よりも先に指導者側、大学側が会見を開き「乖離が起きた」「私たちは言っていない」と言っていた場合…

連盟の検証の結果から処分の発表がされるまでの間、あの選手は、さらに酷い誹謗中傷に曝されていたのではないでしょうか。

もし、そのようになっていたら、世間の大多数が寄って集って、指示に従っただけかもしれない一人を追い詰めることになります。最悪、いのちを奪いかねない事になっていたかもしれません。

 

情報と先入観というのはとても恐ろしいものです。

まさに“空言・戯言”と“捉われ”です。

 

仏教を学び、仏教を軸として生きる私たちは、どう考えるべきなのでしょう?

行動を起こすならば、どう行動をとるべきなのでしょう?

世間に惑わされず、世間に流されず、一歩立ち止まって、冷静に考えてみて下さい。

 

世間の空言・戯言に惑わされず、流されず、捉われることなく…

南無阿弥陀仏

5月法話「阿弥陀様と共に」

阿弥陀様と共に

常圓寺 井上敬信

 

近くに住んでいる小学校2年生と5歳の甥っ子が時々うちにやって来てくれる。

 

本堂に入ってきてお座りし、「なあーまんだーぶ、なあーまんだーぶ」と笑いながらお念仏を称えていたことがあった。私の真似をしているのだ。本人たちは遊びの一環のようでふざけあっているが、私は大変ほほえましくその様子を見ていた。

 

 その時、ある布教使さんが次のような話をされたことを思い出しました。息子さんたちがテレビゲームで遊んでいた。時間制限があるのにそれをオーバーして遊んでいた。そろそろ怒らないといけないと思った時に、息子さんたちが父親の気配に気づき、いきなり「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とお念仏を称えだした。子供たちはまだゲームをしたい。どうすればまだやめさせられないかと考えた時に、「そうだお念仏称えながらゲームをしていたら、やめさせられないかも。だってお父さんはいつも、お念仏を称えましょうってお寺で言っている」と思ったのだろう。迷う父親。どうしようか、お念仏を称えることは素晴らしいことだけど、ゲームをやめさせなくてはいけない。と考えていた時にたまたま通りかかったお祖父さんがボソッと「なんてお念仏って有難いのだろう。ゲームをやりたい子供のために口から現れてくださった」とこう言いました。

 

子供たちはまだゲームがしたいとの思いでお念仏を称えていた。しかしお祖父さんの受けとめは違っていた。子供たちの「お念仏すれば怒られないかも」という思いにあわせて、阿弥陀様の方が称えられるようにはたらいてくださったと受け止めたのである。

 

 親鸞聖人のお師匠様である法然聖人はこの南無阿弥陀仏の名号を勝易の二徳という言葉でお示しになっている。お念仏には勝(すぐれている)と易(やさしい)の二つの徳がある。

 勝れている点として「万徳の所帰」と示される。お念仏には阿弥陀様の功徳がすべて余すところなく備わっているということである。

お念仏を称えることを称名というが、唱えるという字を使わずに称の字を使っている。親鸞聖人は称の字にはかりという意味があるとお示しになる。はかりとは物の重さを知る道具である。左のものと右のものが一緒の時にはかりはその中心を指す。私の口から出て来るお念仏がそのまま阿弥陀様のはたらきそのものであることを称の字でお示しになられている。ただ唱えているだけではなく、阿弥陀様のはたらきそのものがお念仏になってあらわれてくださるのである。阿弥陀様はお内陣に鎮座しているのではなく、私の口を通してはたらいてくださるほとけさまなのであります。

 もう一つは誰にでもできるやさしい行である。仏教では瞑想したり、護摩を焚いたり、座禅をしたり、様々な行があるが、わずか六字の南無阿弥陀仏を称えることを行とされたのである。5歳の子供にもできる形にしてくださったのであります。

 

私たち生きるものすべてを見つめられて、どのようなものも救わずにはおれないと私たちにあわせた形が南無阿弥陀仏なのであります。この阿弥陀様のはたらきが今ちいさな甥っ子たちにはたらいてくださっている。もったいない、ありがたく思っております。

 

4月法話「『キングダム』を読みながら考えた」

『キングダム』を読みながら考えた

 専念教会 阿形 雄三

 

一、はじめに

 『キングダム』という『週刊ヤングジャンプ』に連載され、現在単行本は四九冊を数えるマンガがあります。舞台は紀元前二四〇年代の中国、五百年続く戦乱を終わらせるため中華統一を志す秦国の嬴政えいせい(後の始皇帝、以下政)と、奴隷同然の境遇にありながら「史に名を残す天下の大将軍」になる夢を実現しょうとするしん。この二人を中心に物語は展開していきます。

 そんな『キングダム』の場面を紹介しつつ、少しお話をさせていただきます。

二、「人の持つ本質は―――光だ」

 三九巻の四二三話『天下の起源』から四〇巻の四二七話『決意の言葉』にかけて、秦国の実権を握る呂不韋りょふいと政が、天下、金と欲望、戦争等について語り合います。

 呂不韋が「戦争は紛れもない人の本質の表れ、人の世の営みの一部、その否定は人の否定、現実を受け入れて為政に挑まねば世は前進せぬ!」と主張するのに対し、政は「お前達は人の“本質”を大きく見誤っている」と指摘し、次のように続けます。

 「たしかに人は欲望におぼれ、あざむき、憎悪し殺す。凶暴性と醜悪さも人の持つ側面だ。だが決して本質ではない。その見誤りから争いがなくならぬものと思い込み、その中で最善を尽くそうとしているが、それは前進ではなく、人へのあきらめだ! そこに気付かぬが故に、この中華は五百年も戦争時代を続けている」

 では、人の本質とは何なのかと呂不韋に問われた政の答えが小題なのです。

 自身の経験、出会った人々に思いをせながら、「形や立場が違えど、皆一様に自分の中心にある“光”を必死に輝かせて死んでいった。そしてその光を次の者が受け継ぎ、さらに力強く光り輝かせるのだ。そうやって人はつながり、よりよい方向へ前進する。人が闇に落ちるのは己の光の有り様を見失うから。見つからず、もがき、苦しみ、悲劇が生まれる。その悲劇を増幅させ、人を闇へ落とす最大のものが戦争だ。だから戦争をこの世から無くす」と、決意を明らかにします。

 一方、仏教では“光”とは「真実」、親鸞聖人が「煩悩具足ぼんのうぐそく凡夫ぼんぶ火宅無常かたくむじょうの世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに」とおおせの通り、私達は生まれた時から闇の中を生きています。

 生まれた時からそうだから、皆がそうだからと思い切り、不確かなものに確かであれと願うだけなら、それは「人へのあきらめ」になり、もし釋尊がそうだったら、仏教は存在しなかったでしょう。

 「法灯明、自灯明」と釋尊は仰せになりましたが、私には出うべき真実があり(法灯明)、その真実に出遇った私になる(自灯明)。親鸞聖人は先のお言葉の後に、「ただ念仏のみぞまことにておはします」とお続けになり、釋尊が明らかにされ、七高僧を中心とする多くの方々が受け継がれた「お念仏」こそが“光”ですよとお示しくださいました。

三、「“光”とは願い」

 四六巻の四九四話『地下牢の賢人』で、政の忠臣昌文君しょうぶんくんと、呂不韋の配下で当代屈指の法家李斯りしが、“法”について語り合います。

 「そもそも“法”とは何だ?」と李斯に問われた昌文君は、「法とは刑罰をもって人を律し治めるもの」と答えますが、李斯に「馬鹿な!刑罰とは手段であって法の正体ではない!」と一喝されます。

 「では…法とは何なのだ」という昌文君の問いに、李斯は次のように答えます。

 「“法”とは願い!国家がその国民に望む人間の在り方の理想を形にしたものだ!統一後、この全中華の人間にどうあって欲しいのか、どこに向かって欲しいのか、それをしっかりと思い描け!」と。

 一方、私が出遇うべき“法”とは、阿弥陀如来とその「願い」であると釋尊は仰せになりました。

 あらゆるいのちをご自身と等しい光り輝くいのちに成らしめ、真実の安楽を得さしめる。その「願い」は、そうなる気持ちも力もない私のようないのちこそが目当てなのです。

 そうすればその「願い」が実現できるのか、五劫ごこうというきわめて長い時間をかけて考え抜かれた阿弥陀如来は、ご自身が何を成すべきかを選び取られ、その実践に兆載永劫ちょうさいようごうというはかり知れない時間をかけられたと釋尊は教えてくださいました。

私のようなものを救うのは、それ程大変なこと、とんでもないことなのです。

 親鸞聖人は常々つねづね「弥陀の五劫思惟しゆいの願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人いちにんがためなりけり。されば、それほどの業をもちける身にてありけるをたすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と仰せになられたそうですが、「同行二人」だよと語りかけていただているようで嬉しくなります。

3月法話「ふと」

ふと

寶満寺 清谷亮

「生きていくのがつらい」と感じることはありませんか。

「わたしは何のために生きているのだろう」と問いかけることはありませんか。

歳をとったとき、病気になったとき、あるいは何気ない瞬間に、自分の生の意味を考えることがあるかもしれません。

お釈迦様は「人生は苦しみの連続である」と説かれました。この場合の苦しみというのは煩悩から生まれるものであり、「自分の思い通りにならない」ということです。いや、世の中には楽しいこともたくさんあると思われるかもしれません。しかしその楽しみも苦しいことがあるからこその楽しみであり、楽しみだけが続くのであればそれは楽しみとは言えないでしょう。

同時に自分は「生きる意味」というものを今までに人から教わってきたことがあっただろうか、と振り返ってみてください。親や学校の先生、友人たちなどから何かしら示されたことがあったかもしれません。しかし多くの方はそういう経験のないまま成長してきたのではないでしょうか。

「自分は何もしないし何も出来ない。人に迷惑ばかりかけてきた」

そう自分の事を仰る方もありましょう。

しかしそんなあなたの存在は、唯一無二のものとして必要なのです。他の誰として代わることはできません。

親から生まれ育つにも、私一人ではどうにもできません。恩師、先輩、友人…私たちは様々な人たちから支えられて生きてきました。また気がつかないうちも含め、自らが人の支えになったこともあったかもしれないのです。人に迷惑を掛けたこともあれば、掛けられたこともあったはずです。そこにはお互い様の心、生かされているということに対する気付きがあります。生きているのではなく生かされている。人間とは生かされて生きていくだけでも立派なものではないでしょうか。

 

「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」

 

歎異抄第三章の有名な一節です。

「善人ですら往生できるのであるから、悪人が往生できないはずがない」

 

煩悩を捨てられずに苦しみ迷いの中に生きているような人間(悪人)でも、必ず阿弥陀様は救って下さると親鸞聖人は説かれております。仏様の慈悲の中で、悪人の自覚を持った者が救われていくのが「悪人正機」のみ教えです。

多くの人が苦しんでいて、そして悪人であると思います。そんな人間を決して見捨てないのが阿弥陀様の救いであります。

 

2月法話「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

真宗寺 柏倉学

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

山口県の圓正寺様から数年前に頂いたカレンダーのお言葉です。

この圓正寺様にHさんというご門徒さんがいらっしゃいました。

Hさんは嫁いできた時に、義母と義祖母から「家のこと畑のことはもちろんして貰いますが、うちは圓正寺の門徒です。お寺のご法座や婦人会の集まり等がある時には必ずお寺にお参りに行きなさい。これからはお仏壇のお仏飯の担当はあなたよ」と、H家の家訓として聞かされました。それから何を措いても圓正寺に足を運びお聴聞を重ねられ、阿弥陀さまが大好きになりお念仏を喜ばれる様になられました。

生活の中で女の子を授かり、育てていく中その子の手を引きながらのお寺参りを続けられましたが、だんだんと娘が大きくなっていくにつれ、娘は反抗期からか理由をつけてはお寺からどんどん足が遠のいていき、最後にはお寺参りお聴聞を喜ぶことなく、県外に嫁いでいかれました。嫁いだ後も、娘さんはお盆やお正月など実家に帰る度に「お寺にご挨拶に行こう。阿弥陀さまに御礼しに行こう」と言うお母さんのことを疎ましく思っていました。

Hさんは阿弥陀さまのお慈悲を、家訓を我が娘に伝えられなかった自分が情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それから、少しでも阿弥陀さまのお慈悲を娘に残したいと思い、聞いたことや嬉しかったこと、有り難かったことなどをノートに書き残されました。そのノートは八十冊程になりました。その中、ご家族をお見送りし最後一人暮らしの中に亡くなられました。

娘さんは残された実家の家財道具を整理に来られ、お仏壇の横に置かれたお参りの経本入れや門徒式章・お念珠、横に積まれた八十冊ものノートの山を見られた。そして、お母さんがこのノートを何故書き残したのか、お母さんがどんな思いでお寺参りしていたのか、何を私に伝えたかったのかを知りたいと思い、お寺参りを始めお聴聞を重ねられました。今はお慈悲を喜ばれ、お念仏の日暮しをされる方になられました。

最初のお言葉はこのノートの中にあった一節であり、娘さんが喜ばれた言葉であります。

阿弥陀さまは西方十万億仏土の彼方、極楽浄土にいらっしゃるとお聞きかせ頂いている。けれども阿弥陀さまは遠くで私を待っている仏さまではなく、すでに私の元に届いていてくださり、今私の中に入り満ちて下さっている。いつでもご一緒の仏さま南無阿弥陀佛の仏さまとお聞かせ頂いている。

「お母さんは亡くなってどこか遠くに往ったのではなく、阿弥陀さまのお慈悲の中に摂めとられ、南無阿弥陀佛と今私と一緒にいてくださる。あんなに疎ましいと思っていたお母さんと今の方が会っている気がします。お母さん有り難う」今、先に往ったいのちと遇え世界、倶会一処のお心を喜ばれお念仏を味あわれています。

1月の法話 「ショッピングモールにて」

 

「ショッピングモールにて」

 

無量寺 金山龍成

 

私と娘と妻の家族3人で近所のショッピングモールに買い物へ

必要な物を買い終え 様々なお店をまわっていると、

4歳になる娘が突然 一目散にどこかに走りだして行きました。

その先を見てみると おもちゃ売り場です。

かわいい人形や 楽しそうなおもちゃが沢山並んでいて、

娘からしたら宝の山だったのでしょう

それらに目が奪われて おもわず駆け出したのです。

私は少し離れた場所で 娘の様子を眺めることにしました。

お気に入りのおもちゃが見つかったのでしょうか、

そのおもちゃで 楽しそうに遊んでいます。

時間も忘れて しばらく夢中で遊んでいました。

ところが ふと我に返り周りをキョロキョロと見渡しています。

お父さんもお母さんもいません 置いて行かれたと思ったのでしょうか、

今にも泣き出しそうな 不安そうな顔になっていました。

お母さんは どこにいるのかと言いますと 実はすぐ後ろにいたのです。

迷子にならないか お友達とケンカしないか心配で ずっと見守っていたんですね

けれど娘の方はおもちゃに夢中で すぐ真後ろにいるお母さんに気づかなかったのでしょう。

妻は不安そうな娘を抱きかかえ「お母さん ここにいるよ」と声をかけていました。

その声を聞いた娘の顔は 一瞬でに笑顔に変わりました。

娘はおもちゃに夢中で母親がどこにいるか気付いていませんでしたが、

母親の心はずっと子どもに向けられていたのですね。

 

親鸞聖人がお敬いされた高僧のお一人 善導大師の「般舟讃」に次のような お言葉があります。

「仏(ぶっ)身(しん)円(えん)満(まん)無(む)背(はい)相(そう)」

阿弥陀さまは 決して背を向けることがありません 常にあなたの方を向いていて下さっていますよ というお言葉です。

「阿弥陀さまは 決して背を向けない」

この私が阿弥陀さまの事を忘れていようとも どこにいて 何をしていようとも

阿弥陀さまのお心は常に私を向いていて下さっているのです。

そして 阿弥陀さまは 私の口から「なもあみだぶつ なもあみだぶつ」

「あなたを捨てない親がここにおるよ」と呼びつづけ

今、ここに、共にいてくださっている事を知らしめて下さっているのです。

 

南無阿弥陀仏

 

 

12月法話 生死一如

 

「生死一如」

浄土寺 藤田英範

 

先日、孫の祖父母会に出席しました際、園児達が何曲か歌を披露してくれました。

その中で、私自身何度も聞いたことのある「手のひらを太陽に」を歌ってくれました。

皆様も聞いたこと、歌ったことがあると思います。

「ぼくらはみんな生きている」から始まり

生きているから歌ったり、悲しんだり、笑ったり、喜んだり、踊ったり、愛したりする

んだと歌って、さらにミミズ、オケラ、アメンボ、トンボ、カエル、ミツバチ、スズメ、

イナゴ、カゲロウみんな、みんな生きているんだ、友達なんだと続く歌です。

 

私は今迄に何度もこの歌を聞いていたにも関わらず、あまり意に介さず聞き流し

ていましたが、今回この歌を聞いて、「生きている」ということを改めて考えさせら

れ「すばらしい」と感動しました。

皆様方は如何です。私が年をとったせいでしょうか?

私達はよく「死」を自分の周りから遠ざけ、「生」ばかりをおってしまいがちですが、

かと言って本当に「生」をしっかり見つめているでしょうか?

 

今日も明日も、明後日も生きている(=命がある)のは当然であり、改めて意識す

ることなしに毎日を過ごしていませんか?

現実的な面から見れば、私達は生きていくために、まずは当然ですが食べなけれ

ばなりません。食物(肉、魚、野菜等)を摂取することで肉体を維持することが出来

る訳ですが、これは他の物の命を奪って私達は生きるということであり、私達の生

と他の物の死が同時に成り立って生=殺ということになるのです。

さらに大自然から戴く空気、水、光それらのものを取り込むことによって命を支えて

生きているわけですが、それだけでも生きていけるものではありません。

人は、自分を取り囲む家族、そしてその周りの方々による直接、間接的にしろそれ

らの支えにより生きていく事が出来る存在なのです。

 

浄土真宗では食事の際に以下の言葉を唱和します。

食前の言葉

 ・多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。

 ・深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。

食後の言葉

 ・尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。

 ・おかげで、ごちそうさまでした。

この言葉に言い尽くされているのではないでしょうか。

 

何かのきっかけで、自分の力だけを信頼して生きてきたつもりの自分の思いあが

りがひるがえされ、はじめて、全ての人々のお陰で生かされていた自分であった

と気付かされる時があります。

このように私達を取り巻く物、人の支えによって生きているということは、それらに

よって生かされている存在であるということであり、今ここに生かされている命を

見つめ感謝することは「死」を見つめることでもあるのです。

 

仏教では『生死一如』といって、生と死は表裏一体であって生と死を分断しないこ

との意味がここに込められているのです。

 

蓮如上人が白骨の御文章の中で「我やさき、人やさき、今日ともしらず、明日とも

しらず」とおっしゃっておられる通り。今日か明日かわからない大人も老人もそ

して子供も、今日を最後として生きているのです。

 

もう故人となられましたが、映画の評論家で有名な淀川長治さんという方をご存

知でしょうか?若い方達には馴染みがないかも知れませんが、この方は行き先

で自分が死んだ時に、まわりの人に迷惑をかけてはいけないという信念から、

どこかへ出かける時にはいつも、いくらかは知りませんが、それに相当するお金

を持ち歩いていたそうです。

「人間はいつどこで人生を終わるかわからないので、いつもその心構えをしてお

かなくてはならない」というのが口癖で一日一生の思いで生きておられたようです。

ある時友人が、貴方のように「いつ死ぬかわからない」などと何時も考えていたら

気持ちが暗くならないですか?と聞いたら、その時「いや、いつ終わるかもしれな

いと考えているから、何事にも全力投球ができ、いいかげんな生き方は出来ない

という思いが湧いて、毎日が充実し、明るく楽しく生きられる」といったそうです。

 

明治の先達清澤満之先生に「生のみがわれらにあらず、死もまたわれらなり」と

いう言葉がありますが、『生きている』と言うことは、正確には生死しているという

ことであり、何時どのようになってもこれで充分ですと言えるような生き方を自ら

に問いただすということが大切な意味をもってくるのです。

 

このような生き方を毎日思って生きていくということは難しいことですが、少しでも

この様な気持ちを持って、一日一日をすごして行きたいものです。

如何でしょうか?

自分の人生ですものね。                    南無阿弥陀仏

11月法話「お墓って怖くない?」

「お墓って怖くない?」

照願寺 高澤公一

 

夏になると海に近く都心からもそれほど離れていないロケーションの照願寺にも友人らが子供をつれて家族で遊びに来たりします。泊りがけで、海に遊びに行ったり、すいか割りをしたりと地元を楽しんでもらえるので毎年こころよくお迎えしております。そんななかでの会話で

「お墓って、こわくないの?」

と質問されました。

 

多くのお寺が、敷地内に墓地があり住居があります。照願寺でも本堂の間近に境内墓地があり、住居があります。その友人いわく、「お寺はありがたい場所だとは思うけど、住んでるすぐ近くにお墓があるのはなんだか不気味じゃない?幽霊とかでるんじゃないの?」と言われました。続けて「お坊さんって除霊とかできるんでしょ?」と

 

私は「私は幽霊に会ったことはないし、ここのお墓が怖いと思ったことはないよ。」

と答えます。

私自身は、ずいぶんこのお寺に滞在していますが、おばけや幽霊を見たことも感じたこともないし、そもそも除霊なんて能力を持ち合わせてはいません。しかし、それらが存在するとしたらなんだか怖いという気にもなります。世の中にはその手の情報があふれていて、古くからの書物にも普通に登場する存在です。静かな暗闇の中でなんでもない(物音や雰囲気)ことでも恐れや不安を抱いてしまいます。「何かいるのではないか」。まさに「疑心暗鬼を生ず」といったところでしょう。

 

ある先輩のお坊さんがこうおっしゃってました。

「お墓にはいるとしてもみんな仏様やろ?いっぱい見守ってくれててありがたいやないか」

 

たしかに、何かが存在がいたとしても、ここはお念仏を大事にし、このお寺を守り続けてきてくれたお家の方の代々のお骨があり、今生きているご家族が大事にしてくれている場所。阿弥陀様のはたらきにより間違いなくお浄土に往生されている仏様しかいないのではないでしょうか。

 

「いや、まちがいなく仏様やろ。」

そんな話をしていると友人は少しずつ納得した様子で、

 

「ありがたいんだねぇ。南無阿弥陀仏」

友人にとって、幽霊とは見知らぬ存在。知らないからこそ恐れたり怖がったりするのですが、照願寺を大切にしてくださった方々、仏様という気付きによって、ありがたい存在になったようです。これにとどまらず自分自身の中で確かな気付きをもつことにより不安だと思っていたことが解消されることが多いと思います。お墓というのは亡き方のお骨を納め、亡き方を偲びつつ、仏縁にあわせていただく大切な場所、お参りの際は、仏様を出遇ってください。

10月法話「浄土真宗における修行とは」

浄土真宗における修行とは

光䑓寺 八田泰

浄土真宗に「修行」はあると思いますか?仏教=修行のイメージが強いのではないでしょうか。

修行と言うと、座禅や滝に打たれる・断食等をイメージするかと思います。これらは「自力(じりき)」と言って自分の力で日々の悩みや欲望等を乗り越えていく修行の一つです。真言宗や曹洞宗など日本仏教の殆どが自力の宗教です。

では浄土真宗はどうでしょうか。日々の悩み、欲望からは離れることは出来ず、満足に修行を達成することは出来ません。その私を見越して、私ではなく阿弥陀如来が修行を達成されたのです。これを「自力」ではなく「他力(たりき)」といいます。

では、阿弥陀如来が修行をしたから何もしなくてもいいのかと言われればそうではありません。阿弥陀如来がどうして我々をすくおうとされたのか、どのようにしておすくい下さるのか、そのおいわれを聞かせて頂くのです。

 簡単に言うと、お経を読むこと・法話を聞くこと・仏教等の勉強をすること等、仏教の教えに触れる事全てです。誰でも出来るものです。難しく考えず、ドンドンして貰いたいと思います。

その中でも、浄土真宗の中で阿弥陀如来のおいわれを聞かせて頂く重要なことは何でしょうか?「聴聞(ちょうもん)」です。聴聞とは仏教や浄土真宗の教えの話し(法話)を聞くことをいいます。皆さん方はもちろんですが、我々僧侶も聴聞が一番大事と言われています。私もいつも色々な人の法話を聞いています。また、手軽に始められるように、今回のようにインターネット等に法話などを掲載していたり、浄土真宗の教え等を掲載していたりします。こういったものを読むことも大事なことです。

御同朋(おんどうぼう)御同行(おんどうぎょう)という言葉があります。この言葉は、浄土真宗の教えを信じている人は皆仲間であり、上下関係等もないと言う意味です。僧侶も皆さんも一緒です。一緒に聴聞し、一緒に浄土真宗の教えに触れ、一緒に悩みを解決しようとすることが浄土真宗です。皆さん方は悩みや迷い・疑問等を持っていると思います。それらを晴らすために色々な法話を聞いていると思います。我々は阿弥陀如来がどうして我々をすくおうとされたのか、どのようにしておすくい下さるのか、そのおいわれを法話しているのです。阿弥陀如来の話をするのが法話であります。難しくわかりづらい法話もあるかと思いますが、色々な方の法話を聞いていると、以前わからなかった事がわかるようになってきます。肩肘張らず、気楽な気持ちで法話に接して貰いたいと思います。皆さんと今後も一緒に聴聞して行きたいと思います。これからも聴聞という名の修行に励みましょう!!