浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

07日

9月法話「願いを頂く時」

「願いを頂く時」

無量寺金山龍成

 みなさんはコンプレックスをお持ちですか?私は首にあるアザがコンプレックスでした。でした…と言うのもある出来事がきっかけでそうではなくなったからです。それは、小学生。ちょうど思春期の頃です。私はなぜ自分にだけアザがあるのかを思い悩んでいました。しかし、いくら悩んでもアザは消えることはありません。そんなある日のこと、私は母に思い切ってたずねました。「お母さんこの首のアザはなんであるの?」と。母は私の頭を優しくなでながら言いました。「それはあなたが生まれた時のアザよ。大丈夫…大丈夫よ」と。私を気遣っている母の気持ちとは裏腹に私は自分の思いが伝わっていないと心の中で苛いら立だっていました。そして、私は母に怒鳴り散らしました。「大丈夫じゃない!お母さんは、僕がどんなに悩んでいるかも知らないくせに。そもそも、お母さんがこんな風に産んだのだろ!」…と。母は私を抱きしめゆっくりと真剣に語りだしました。「あなたをお腹に授かった時お母さんは早くあなたに会いたい、命にかけても守らなきゃ。と思ったの。けれどお腹の中にいたあなたは、逆さまでへその緒が首に絡まっていたの。無事に産めるかわからなかったの。だから、水泳をしたり体操をしたりとあなたのためになると教えられたことは、すべてしたの。そして、最後はお医者さんの手を借りて、ようやく無事にあなたを授かることが出来たの。その生まれる時にアザがついたの。あなたにとっては、とてもつらいアザでしょうがお母さんにとってはあなたが無事にこの世にいのちを授かってくれた大切な証あかしなのよ。でも、あなたが苦しい思いをしていたことに気づけずにいて…ごめんね」と。

 母が、私のいのちに対してどのような願いを持っていたのかに気づかされた時、このアザの持つ意味が私の中で変わっていきました。それまで、アザは邪魔なものでしかありませんでした。しかし、母の願いを聞いてからは、大切な宝物になりました。アザがあるという事実は変わりませんが、そこには自分の力では到底見いだせない、大きな意味が与えられていました。

 「南無阿弥陀仏」の声には阿弥陀さまの大きな願いが込められています。「あなたのいのち決してむなしく終わらせることはしません。この私阿弥陀が必ず浄土に生まれさせ仏と仕上げます。」と。その願いを頂く時「間違いなく浄土に生まれる身なのですね。仏と成らさせていただくいのちなのですね」と味わせていただきます。生まれて来たこと、死んでいくことに何の意味も見いだせなかった人生に大きな意味を与えて下さいます。生きていく中で思いがけず様々な苦しみや悲しみに出会いますが、阿弥陀さまの願いを聞かせていただく時、それら全ての出来事に深い意味が与えられます。