日: 2020年6月4日

6月 法話「乱世に生きる」 法話

6月 法話「乱世に生きる」

髙林寺 菅原智之 コロナ禍による先の見えない不安。我々はどうなるんでしょうか。これに対する見解を問われることもありますが、仏教的意味合いを見出すことはないと考えています。何故ならば大変な出来事ですが、それは仏教がいつも語ってきたこと以上のものではないからです。17世紀のフランスの文学者、ラ・ロシュフ…