浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

法話

千葉組の僧侶による法話を掲載しています。

2月法話

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

真宗寺 柏倉学

「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」

山口県の圓正寺様から数年前に頂いたカレンダーのお言葉です。

この圓正寺様にHさんというご門徒さんがいらっしゃいました。

Hさんは嫁いできた時に、義母と義祖母から「家のこと畑のことはもちろんして貰いますが、うちは圓正寺の門徒です。お寺のご法座や婦人会の集まり等がある時には必ずお寺にお参りに行きなさい。これからはお仏壇のお仏飯の担当はあなたよ」と、H家の家訓として聞かされました。それから何を措いても圓正寺に足を運びお聴聞を重ねられ、阿弥陀さまが大好きになりお念仏を喜ばれる様になられました。

生活の中で女の子を授かり、育てていく中その子の手を引きながらのお寺参りを続けられましたが、だんだんと娘が大きくなっていくにつれ、娘は反抗期からか理由をつけてはお寺からどんどん足が遠のいていき、最後にはお寺参りお聴聞を喜ぶことなく、県外に嫁いでいかれました。嫁いだ後も、娘さんはお盆やお正月など実家に帰る度に「お寺にご挨拶に行こう。阿弥陀さまに御礼しに行こう」と言うお母さんのことを疎ましく思っていました。

Hさんは阿弥陀さまのお慈悲を、家訓を我が娘に伝えられなかった自分が情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それから、少しでも阿弥陀さまのお慈悲を娘に残したいと思い、聞いたことや嬉しかったこと、有り難かったことなどをノートに書き残されました。そのノートは八十冊程になりました。その中、ご家族をお見送りし最後一人暮らしの中に亡くなられました。

娘さんは残された実家の家財道具を整理に来られ、お仏壇の横に置かれたお参りの経本入れや門徒式章・お念珠、横に積まれた八十冊ものノートの山を見られた。そして、お母さんがこのノートを何故書き残したのか、お母さんがどんな思いでお寺参りしていたのか、何を私に伝えたかったのかを知りたいと思い、お寺参りを始めお聴聞を重ねられました。今はお慈悲を喜ばれ、お念仏の日暮しをされる方になられました。

最初のお言葉はこのノートの中にあった一節であり、娘さんが喜ばれた言葉であります。

阿弥陀さまは西方十万億仏土の彼方、極楽浄土にいらっしゃるとお聞きかせ頂いている。けれども阿弥陀さまは遠くで私を待っている仏さまではなく、すでに私の元に届いていてくださり、今私の中に入り満ちて下さっている。いつでもご一緒の仏さま南無阿弥陀佛の仏さまとお聞かせ頂いている。

「お母さんは亡くなってどこか遠くに往ったのではなく、阿弥陀さまのお慈悲の中に摂めとられ、南無阿弥陀佛と今私と一緒にいてくださる。あんなに疎ましいと思っていたお母さんと今の方が会っている気がします。お母さん有り難う」今、先に往ったいのちと遇え世界、倶会一処のお心を喜ばれお念仏を味あわれています。

 

過去の法話   
2018年1月無量寺 金山龍成「ショッピングモールにて」
  2月 真宗寺 柏倉学 「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」
    
    
    
    
    
    
    

 

過去の法話   
2017年1月真光寺 正木信明迷信
  2月 法光寺 隆康浩 誕生日
  3月 大巌寺 横田裕晃 不可思議な世界
  4月 本覚寺 小林智美 春はいろんな始まり
  5月 見敬寺 塚田慧明 浄土真宗の法事「仏法が大事」
  6月 照光寺 脇本正範 これさえあれば
  7月 高林寺 菅原智之 阿弥陀様の切ない願い
 8月雲妙寺 大善文彦8月法話
 9月天真寺 西原龍哉

「阿弥陀仏の慈悲のお心」

 10月光䑓寺 八田泰

浄土真宗における修業とは

 11月照願寺 高澤公一

「お墓って怖くない?」

 12月浄土寺 藤田英範

「生死一如」

 

 


過去の法話   
2016年1月

法光寺 隆 康浩

 

新年を迎えて~終着駅は始発駅~
  2月 本覚寺 小林智美 鬼は内福は内 
  3月 見真寺 山内恵一朗 恋しくば 南無阿弥陀仏を称うべし 我を六字の うちにこそ住め
  4月 天真寺 西原龍哉 春が来た
  5月 常圓寺 井上敬信 喪服は黒?白?
  6月 西光寺 吉弘一秀 罪を憎んで人を憎まず
  7月 真栄寺 馬場弘道 夏山にはご用心
  8月 西方寺 西原大地 自分を飾らない御法義
  9月 

常敬寺 深栖正経

 親さまの願い 
 10月弘教寺 小林覚城報恩講をお迎えして・・・
  11月 龍昌寺 石塚龍悠  御同朋の野良猫
  12月 中原寺 平野俊斉 「なんで?」を考える
    
過去の法話   
2015年1月宗真寺 石川慶子年をとることの本当のよろこび
  2月 光台寺 八田宗玄 お浄土は何処にあるの?
  3月 無量寺 金山宣成 幕張お念仏タウン
 4月浄興寺 渡邊恒行阿弥陀さまの願い
 5月弘教寺 小林覚城たのませてすくう
 6月福田寺 藤崎史観三毒
 7月常圓寺 井上敬信浄土真宗とお盆
 8月照光寺 脇本正範あみだ様ありがとう
 9月常敬寺 深栖唯光 我やさき 人やさきと無常のいのち
 10月雲妙寺 大善文彦報恩講
 11月浄土寺 藤田英範生死いずべき道
 12月善龍寺 小谷善親瞑想、迷想

 

 

 

2014年4月純心寺 曽我弘章生かされて
 5月大願寺 末田雅裕宗祖降誕会をご縁に
 6月西光寺 吉弘円秀深い悲しみ 苦しみを通してのみ
見えてくる世界がある
 7月西方寺 西原祐治お盆
 8月
髙林寺 菅原智之天国と浄土
 9月了源寺  山名義一人生を旅する
 10月最誓寺 堀田了正一茶とのであい
 11月中原寺 平野俊興御恩を思うのはすべて後から
 12月天真寺 西原龍哉年の瀬を迎えて