浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

法話

千葉組の僧侶による法話を掲載しています。

1月法話

新しい年

真栄寺副住職 馬場弘道

明けましておめでとうございます。気づけば「平成」最後の新年、皆さまいかがでしょうお過ごしでしょうか。

毎年お正月を迎えると、思い浮かぶお言葉があります。

勧修寺の道徳、明応二年正月一日に御前へ参りたるに、 蓮如上人仰せられ候、「道徳はいくつになるぞ。」                   (蓮如上人御一代記聞書)

 明応二年(一四九三)の元日、蓮如上人が門弟の道徳さんに向かって語られたと伝えられています。弟子の道徳さんが、新年のご挨拶に蓮如上人を訪ねると、蓮如上人はいきなり、「道徳は何歳になったのだ、お念仏を申しなさい」と、お正月早々に厳しい言葉でおっしゃいました。

 新年を迎えると、私たちは当たり前のように「おめでとう、おめでとう」とお祝いの言葉を述べます。昔は誕生日ではなく新たな年を迎えて一つ年を取る習慣でした。一つ年を重ねる中に、蓮如上人は、「何が本当にめでたく、歳を重ねるということはどういうことか」を問われているのです。つまり、新年を迎へ歳を重ねるということは、いよいよ「生の意味、死の意味」をしっかり考えなければならない時期であることをさとされているのです。また、「いくつになるぞ」とのお言葉は、新年を迎え、今年もこのままの状態で続きたいと願っている私たちに、「いつまでも同じではない。だからこそ今を大切にしなければならないぞ」という問いかけでもあります。

 阿弥陀さまは今の私を、そのまま抱きとめて、決して捨てることはなく必ずお浄土へ導くと、おっしゃいました。そしてそのはたらきを、私たちのためにわかりやすく「南無阿弥陀仏」というお念仏にしてくださいました。

 新年にはご家族がそろわれることと思います。新年の挨拶に「お念仏申そうね」と、ひとことそえていただけると有り難く思います。おめでたい時、嬉しい時も、阿弥陀さまはご一緒です。新たな年の始まりをお念仏とともに迎えることは何よりも大きな喜びであります。本年もお念仏申す日暮らしを送らせていただきまましょう。           

       合掌

2019年 1月 真栄寺 馬場弘道 新しい年
過去の法話
2018年 1月 無量寺 金山龍成 「ショッピングモールにて」
 2月  真宗寺 柏倉学  「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」
 3月  寳満寺 清谷亮  ふと
 4月  専念教会 阿形雄三 「『キングダム』を読みながら考えた」
 5月  常圓寺 井上敬信  「阿弥陀様と共に」
6月 釋義顯 火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなき
7月 西光寺 吉弘一秀 「1÷1/10=」
8月 天真寺 西原龍哉 「泥沼に咲く花」
9月 延覚寺 野口隆顕 9月法話
10月 称名寺 長井正道 「迎える我が家」  ・・・本願に惹かれて・・・
11月 宗真寺 石川慶子 人間は偉いものではない、尊いものなのです。
12月 本覚寺 小林則子 揺さぶられる私です。

過去の法話
2017年 1月 真光寺 正木信明 迷信
 2月  法光寺 隆康浩  誕生日
 3月  大巌寺 横田裕晃  不可思議な世界
 4月  本覚寺 小林智美  春はいろんな始まり
 5月  見敬寺 塚田慧明  浄土真宗の法事「仏法が大事」
 6月  照光寺 脇本正範  これさえあれば
 7月  高林寺 菅原智之  阿弥陀様の切ない願い
8月 雲妙寺 大善文彦 8月法話
9月 天真寺 西原龍哉 「阿弥陀仏の慈悲のお心」
10月 光䑓寺 八田泰 浄土真宗における修業とは
11月 照願寺 高澤公一 「お墓って怖くない?」
12月 浄土寺 藤田英範 「生死一如」

過去の法話
2016年 1月 法光寺 隆 康浩 新年を迎えて~終着駅は始発駅~
 2月  本覚寺 小林智美  鬼は内福は内 
 3月  見真寺 山内恵一朗  恋しくば 南無阿弥陀仏を称うべし 我を六字の うちにこそ住め
 4月  天真寺 西原龍哉  春が来た
 5月  常圓寺 井上敬信  喪服は黒?白?
 6月  西光寺 吉弘一秀  罪を憎んで人を憎まず
 7月  真栄寺 馬場弘道  夏山にはご用心
   8月  西方寺 西原大地  自分を飾らない御法義
 9月   常敬寺 深栖正経  親さまの願い 
10月 弘教寺 小林覚城 報恩講をお迎えして・・・
 11月  龍昌寺 石塚龍悠   御同朋の野良猫
   12月  中原寺 平野俊斉  「なんで?」を考える
過去の法話
2015年 1月 宗真寺 石川慶子 年をとることの本当のよろこび
   2月  光台寺 八田宗玄  お浄土は何処にあるの?
 3月  無量寺 金山宣成  幕張お念仏タウン
4月 浄興寺 渡邊恒行 阿弥陀さまの願い
5月 弘教寺 小林覚城 たのませてすくう
6月 福田寺 藤崎史観 三毒
7月 常圓寺 井上敬信 浄土真宗とお盆
8月 照光寺 脇本正範 あみだ様ありがとう
9月 常敬寺 深栖唯光  我やさき 人やさきと無常のいのち
10月 雲妙寺 大善文彦 報恩講
11月 浄土寺 藤田英範 生死いずべき道
12月 善龍寺 小谷善親 瞑想、迷想
2014年 4月 純心寺 曽我弘章 生かされて
5月 大願寺 末田雅裕 宗祖降誕会をご縁に
6月 西光寺 吉弘円秀 深い悲しみ 苦しみを通してのみ 見えてくる世界がある
7月 西方寺 西原祐治 お盆
8月 髙林寺 菅原智之 天国と浄土
9月 了源寺  山名義一 人生を旅する
10月 最誓寺 堀田了正 一茶とのであい
11月 中原寺 平野俊興 御恩を思うのはすべて後から
12月 天真寺 西原龍哉 年の瀬を迎えて