浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

法話

千葉組の僧侶による法話を掲載しています。

10月の法話

 

 

浄土真宗における修行とは

光䑓寺 八田泰

浄土真宗に「修行」はあると思いますか?仏教=修行のイメージが強いのではないでしょうか。

修行と言うと、座禅や滝に打たれる・断食等をイメージするかと思います。これらは「自力(じりき)」と言って自分の力で日々の悩みや欲望等を乗り越えていく修行の一つです。真言宗や曹洞宗など日本仏教の殆どが自力の宗教です。

では浄土真宗はどうでしょうか。日々の悩み、欲望からは離れることは出来ず、満足に修行を達成することは出来ません。その私を見越して、私ではなく阿弥陀如来が修行を達成されたのです。これを「自力」ではなく「他力(たりき)」といいます。

では、阿弥陀如来が修行をしたから何もしなくてもいいのかと言われればそうではありません。阿弥陀如来がどうして我々をすくおうとされたのか、どのようにしておすくい下さるのか、そのおいわれを聞かせて頂くのです。

 簡単に言うと、お経を読むこと・法話を聞くこと・仏教等の勉強をすること等、仏教の教えに触れる事全てです。誰でも出来るものです。難しく考えず、ドンドンして貰いたいと思います。

その中でも、浄土真宗の中で阿弥陀如来のおいわれを聞かせて頂く重要なことは何でしょうか?「聴聞(ちょうもん)」です。聴聞とは仏教や浄土真宗の教えの話し(法話)を聞くことをいいます。皆さん方はもちろんですが、我々僧侶も聴聞が一番大事と言われています。私もいつも色々な人の法話を聞いています。また、手軽に始められるように、今回のようにインターネット等に法話などを掲載していたり、浄土真宗の教え等を掲載していたりします。こういったものを読むことも大事なことです。

御同朋(おんどうぼう)御同行(おんどうぎょう)という言葉があります。この言葉は、浄土真宗の教えを信じている人は皆仲間であり、上下関係等もないと言う意味です。僧侶も皆さんも一緒です。一緒に聴聞し、一緒に浄土真宗の教えに触れ、一緒に悩みを解決しようとすることが浄土真宗です。皆さん方は悩みや迷い・疑問等を持っていると思います。それらを晴らすために色々な法話を聞いていると思います。我々は阿弥陀如来がどうして我々をすくおうとされたのか、どのようにしておすくい下さるのか、そのおいわれを法話しているのです。阿弥陀如来の話をするのが法話であります。難しくわかりづらい法話もあるかと思いますが、色々な方の法話を聞いていると、以前わからなかった事がわかるようになってきます。肩肘張らず、気楽な気持ちで法話に接して貰いたいと思います。皆さんと今後も一緒に聴聞して行きたいと思います。これからも聴聞という名の修行に励みましょう!!

 

過去の法話   
2017年1月真光寺 正木信明迷信
  2月 法光寺 隆康浩 誕生日
  3月 大巌寺 横田裕晃 不可思議な世界
  4月 本覚寺 小林智美 春はいろんな始まり
  5月 見敬寺 塚田慧明 浄土真宗の法事「仏法が大事」
  6月 照光寺 脇本正範 これさえあれば
  7月 高林寺 菅原智之 阿弥陀様の切ない願い
 8月雲妙寺 大善文彦8月法話
 9月天真寺 西原龍哉

「阿弥陀仏の慈悲のお心」

 10月光䑓寺 八田泰

浄土真宗における修業とは

 

 


過去の法話   
2016年1月

法光寺 隆 康浩

 

新年を迎えて~終着駅は始発駅~
  2月 本覚寺 小林智美 鬼は内福は内 
  3月 見真寺 山内恵一朗 恋しくば 南無阿弥陀仏を称うべし 我を六字の うちにこそ住め
  4月 天真寺 西原龍哉 春が来た
  5月 常圓寺 井上敬信 喪服は黒?白?
  6月 西光寺 吉弘一秀 罪を憎んで人を憎まず
  7月 真栄寺 馬場弘道 夏山にはご用心
  8月 西方寺 西原大地 自分を飾らない御法義
  9月 

常敬寺 深栖正経

 親さまの願い 
 10月弘教寺 小林覚城報恩講をお迎えして・・・
  11月 龍昌寺 石塚龍悠  御同朋の野良猫
  12月 中原寺 平野俊斉 「なんで?」を考える
    
過去の法話   
2015年1月宗真寺 石川慶子年をとることの本当のよろこび
  2月 光台寺 八田宗玄 お浄土は何処にあるの?
  3月 無量寺 金山宣成 幕張お念仏タウン
 4月浄興寺 渡邊恒行阿弥陀さまの願い
 5月弘教寺 小林覚城たのませてすくう
 6月福田寺 藤崎史観三毒
 7月常圓寺 井上敬信浄土真宗とお盆
 8月照光寺 脇本正範あみだ様ありがとう
 9月常敬寺 深栖唯光 我やさき 人やさきと無常のいのち
 10月雲妙寺 大善文彦報恩講
 11月浄土寺 藤田英範生死いずべき道
 12月善龍寺 小谷善親瞑想、迷想

 

 

 

2014年4月純心寺 曽我弘章生かされて
 5月大願寺 末田雅裕宗祖降誕会をご縁に
 6月西光寺 吉弘円秀深い悲しみ 苦しみを通してのみ
見えてくる世界がある
 7月西方寺 西原祐治お盆
 8月
髙林寺 菅原智之天国と浄土
 9月了源寺  山名義一人生を旅する
 10月最誓寺 堀田了正一茶とのであい
 11月中原寺 平野俊興御恩を思うのはすべて後から
 12月天真寺 西原龍哉年の瀬を迎えて