浄土真宗千葉組

千葉県にある浄土真宗本願寺派(お西)の活動を紹介しています。

法話

千葉組の僧侶による法話を掲載しています。

 

11月法話

人間は偉いものではない、尊いものなのです。

宗真寺前住職 石川慶子

 

 宗真寺の門前に一本のいちょうの大木があります。秋が深まるにつれ色づいて、ちょうど11月末の報恩講のころに、まるで光を放っているような黄金色に染まります。それより前から銀杏の実がしきりに落ち出し、風が吹けば地面は敷きつめたかのように銀杏だらけ、うっかり歩くこともできません。小粒の実は拾い手もなく、私たちには困りもの。毎朝ひたすら掃いて、木の根もとに積み寄せておきます。

 季節が移ると、何とその夥(おびただ)しい量の実が一斉に芽をふき、気がつけば一人前の葉をつけた10センチばかりのいちょうの木になっている。何百何千本のチビいちょうの森ができるのです。その一本一本のうちに、親木と同じ大木になっていく“生命(いのち)の力”が備わっているのでしょう。

 けれども実際には、寺の門前がいちょうの大森林に占領されるという心配はありません。ここの10センチのチビいちょうには大木に育っていく“縁”がないからです。

 

 生物学者、福岡伸一さんがこんなことを書いていました。『私たちの生命は、どんな風土のもとに誕生するか全く分からないし、誕生後どんな外敵にさらされるか分からない、病原菌やウイルス、化学物質……みな想定外の事態。それに対し“私たちの生命の側”はDNAの組み換えや積極的な変化によって、百万通り以上の抗体を準備して受けて立つ。この中のどれかが、いざという時に役立つようにと。大半の抗体は、出番のないまま終わるのだ。つまり“生命”は大過剰と思える程の準備をして誕生する。だからこそ様々な風土に適応し生き抜いていく』

 

 科学にはとんと疎(うと)い私には、門前のいちょうと福岡博士の話が、“大過剰”の一点で結びついてしまいました。ひとつの生命体の背後に、大過剰ともいえる程の生命の働きが広がっていた、という驚きと感動。

 私たちはいわば、たまたま得がたい縁を得て大きくなれたいちょうの木です。数限りない生命の形態がある中に、「人」として生まれ育ってきました。そしてこの私の生命が誕生するには、周到な、生き抜く為の準備が既になされていたのです。(ここで触れた抗体の話は、その準備のほんの一例に過ぎません)

 この“縁”の貴重さと、生命の不思議さをすっかり忘れて、私たちは、親に産んでもらい自分で生きてきた、と思ってしまうのではないでしょうか。

 

 私の外にも内にも満ちている大いなる力―――「はかり知れない無量のいのち(・・・)のはたらき」としか言いようがありません。

 「人は偉いものではありません。でも尊いものです」という安田理深師のことばにうなづくばかりです。

過去の法話   
2018年1月無量寺 金山龍成「ショッピングモールにて」
  2月 真宗寺 柏倉学 「西の方遠くにまします御仏は我が心にもまた居ますなり」
  3月 寳満寺 清谷亮 ふと
  4月 専念教会 阿形雄三

「『キングダム』を読みながら考えた」

  5月 常圓寺 井上敬信 「阿弥陀様と共に」
 6月釋義顯火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなき
 7月西光寺 吉弘一秀「1÷1/10=」
 8月天真寺 西原龍哉「泥沼に咲く花」
 9月延覚寺 野口隆顕9月法話
 10月称名寺 長井正道「迎える我が家」  ・・・本願に惹かれて・・・
 11月宗真寺 石川慶子

人間は偉いものではない、尊いものなのです。

 

過去の法話   
2017年1月真光寺 正木信明迷信
  2月 法光寺 隆康浩 誕生日
  3月 大巌寺 横田裕晃 不可思議な世界
  4月 本覚寺 小林智美 春はいろんな始まり
  5月 見敬寺 塚田慧明 浄土真宗の法事「仏法が大事」
  6月 照光寺 脇本正範 これさえあれば
  7月 高林寺 菅原智之 阿弥陀様の切ない願い
 8月雲妙寺 大善文彦8月法話
 9月天真寺 西原龍哉

「阿弥陀仏の慈悲のお心」

 10月光䑓寺 八田泰

浄土真宗における修業とは

 11月照願寺 高澤公一

「お墓って怖くない?」

 12月浄土寺 藤田英範

「生死一如」

 

 


過去の法話   
2016年1月

法光寺 隆 康浩

 

新年を迎えて~終着駅は始発駅~
  2月 本覚寺 小林智美 鬼は内福は内 
  3月 見真寺 山内恵一朗 恋しくば 南無阿弥陀仏を称うべし 我を六字の うちにこそ住め
  4月 天真寺 西原龍哉 春が来た
  5月 常圓寺 井上敬信 喪服は黒?白?
  6月 西光寺 吉弘一秀 罪を憎んで人を憎まず
  7月 真栄寺 馬場弘道 夏山にはご用心
  8月 西方寺 西原大地 自分を飾らない御法義
  9月 

常敬寺 深栖正経

 親さまの願い 
 10月弘教寺 小林覚城報恩講をお迎えして・・・
  11月 龍昌寺 石塚龍悠  御同朋の野良猫
  12月 中原寺 平野俊斉 「なんで?」を考える
    
過去の法話   
2015年1月宗真寺 石川慶子年をとることの本当のよろこび
  2月 光台寺 八田宗玄 お浄土は何処にあるの?
  3月 無量寺 金山宣成 幕張お念仏タウン
 4月浄興寺 渡邊恒行阿弥陀さまの願い
 5月弘教寺 小林覚城たのませてすくう
 6月福田寺 藤崎史観三毒
 7月常圓寺 井上敬信浄土真宗とお盆
 8月照光寺 脇本正範あみだ様ありがとう
 9月常敬寺 深栖唯光 我やさき 人やさきと無常のいのち
 10月雲妙寺 大善文彦報恩講
 11月浄土寺 藤田英範生死いずべき道
 12月善龍寺 小谷善親瞑想、迷想

 

 

 

2014年4月純心寺 曽我弘章生かされて
 5月大願寺 末田雅裕宗祖降誕会をご縁に
 6月西光寺 吉弘円秀深い悲しみ 苦しみを通してのみ
見えてくる世界がある
 7月西方寺 西原祐治お盆
 8月
髙林寺 菅原智之天国と浄土
 9月了源寺  山名義一人生を旅する
 10月最誓寺 堀田了正一茶とのであい
 11月中原寺 平野俊興御恩を思うのはすべて後から
 12月天真寺 西原龍哉年の瀬を迎えて